レーザー彫刻は和紙アプリでヤニの付着を保護

ほとんどすべての材料でレーザー彫刻を行うときには和紙アプリを貼っております。

サンプルで竹にレーザー彫刻を行っております。竹もヤニが発生します。
平面ではないのでなかなか綺麗に貼れませんがあった方が仕上がりもいいです。

ヒノキの名札を製作しております。
木目が見えておりますが和紙アプリを貼っております。
彫刻後に和紙アプリを剥がします。

レーザー彫刻後に焼目を入れて少し焦がした感じに仕上げるヒノキの木製プレートです。
焼目を付けるときは必ず必要です。
これがないと綺麗に焼目が付きません。

彫刻後に、シャープペンにミシン針入れたものを使って不要な和紙アプリをとっていきます。
小さい文字の時はガムテープなども使っております。
和紙アプリを剥がした後は軽く紙ヤスリしております。
小さい剥がし忘れはこの紙ヤスリで取れます。

和紙アプリはレーザー彫刻するときに貼っていれば、綺麗に仕上がります。
作業工程は増えますが、出来上がりに違いがあります。

レーザー彫刻のことはホームページに掲載しております。
https://serigraphie.shopinfo.jp/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です