ヒノキを使った木製名札は彫と木目がいい感じに

レーザー加工機で彫刻とカットして木製の名札を製作中

木製名札

木にレーザー彫刻をするときは木の表面を紙やすりを使って綺麗にしてから
和紙アプリを貼って彫刻を行います。
彫刻後に和紙アプリを剥がします。この名札は文字数が少ないので作業時間も短く製作できます。

木製名札

こちらはロゴに線が多いのと小さく文字もあるため、和紙アプリを剥がす作業にちょっと時間がかかります。
細かい部分の和紙アプリは針を使って剥がしております。
それでも綺麗に剥がれないところもあるので最後は紙やすりを使います。
彫刻後に紙やすりを使用すると掘ったとこりにカスなどが入るので歯ブラシで綺麗に取り除くが大切です。

今回もいい感じで木製の名札が仕上がりっております。

木製名札の製作については下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です