切り口を印刷シートで保護できます

インクジェットで看板印刷を行っているセリグラフィの谷です。
アルミ複合板看板は看板用の糊付き塩ビシートに印刷したものを貼って製作しています。インクの色あせ防止のUVカットラミネート加工も行っています。

印刷シートをアルミ複合板で包んでいるような感じなので、切り口が見えないので素手で持っても手が切れることがありません。
アルミ複合板は通常の金属用のドリルで穴加工もできます。

消防設備の図面を看板にするご依頼も増えております。
図面データあれば簡単に製作できます。データない場合でも製作はできますが、データ制作に時間がかかりことがありますが製作は可能です。データ代が少しかかります。

データ制作はイラストレーターで行っています。写真や紙図面からデータを制作することも多くイラスレーターの基本的な使い方の勉強になります。
忘れていた機能や新しい機能を確認できるので自分にとっては大切な時間です。

連結送水管の図面看板ですが、これも周囲巻き込みで製作しています。
シート巻き込みは剥がれ防止の効果もあるので利点も多いです。

太陽光発電設備の看板も巻き込みをしています。
角の尖りもちょっと緩和されます。

最近はシート巻き込みを行っている看板が増えております。
安全性と長く使えることがいいところなので安心感があります。

インクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
来年はレーザー加工の彫刻をバリエーションを増やしていく予定です。
写真の彫刻をうまくできるようにテストしている段階です。
現状ではサンプルを製作したうえで行っています。

今年は大きく変化した年でしたがとりあえず乗り越えることができました。
おそらく来年以降は変化のスピードが速くなっていくと思います。変化に対応できるようにしていくことが大切だと感じでおります。色々なことにチャレンジできるよう余裕を持ちたいと思います。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
レーザー彫刻の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/al/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です