レーザー加工機で杉とヒノキの木製プレートと釣り用品に名入れする

厚さ12ミリの杉材を幅400ミリ×縦100ミリに電動糸鋸で加工しています。
レーザー彫刻する前に和紙アプリを貼ります。
彫刻時に発生するヤニで汚れないためと焼目を付けるときの保護用です。

杉材はあまり硬い材料ではないので、ちょっと弱めの出力で彫刻しております。
彫り具合を確認してから焼目を付けます。彫が浅い場合はもう一度、彫刻します。

焼目を付けるときは、レーザーの焦点をずらして行います。
焦点をずらしているから彫刻した部分からはみ出して焼目が付きます。
焼目を付けるときも少しは彫られるので彫刻時に少し彫りが浅くても大丈夫です。

厚さ9ミリのヒノキをレーザー加工しています。
和紙アプリを貼る前に表面を紙ヤスリで綺麗にしております。

小さい文字も彫刻するので少し浅めに彫刻しています。
幅80ミリ×縦210ミリの名前プレートを製作します。

レーザー彫刻した後に焼目を付けてから穴と周囲をカットしております。
カットしたときにカット面が焦げるので加工後に紙ヤスリで焦げを綺麗にします。
3枚各1種類の木製名前プレート製作します。

釣り用品の網の柄に名入れをします。
網の形が変形なので直線部分がありません。なので彫刻位置を決めるために普段使わない方法で位置決めします。
マスキングテープを加工サイズに切って加工位置に貼りっています。

マスキングテープの四隅角をレーザー加工機に読み込ませて彫刻位置を決めて彫刻しております。材質が分かりないので弱め出力で彫刻しました。

彫刻した後に焼目を付けますが、同じデータを使って焦点をずらして加工しています。
今回は2本、名入れしました。
いい感じに名入れができました。思っていたよりスムーズに作業が進みました。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
レーザー彫刻の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/laser/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です