インクジェット出力でターポリン、塩ビシート、ダンプラ看板を製作

住宅メーカーのハトメ加工をしたターポリン看板

ハトメ加工をした住宅メーカーのターポリン看板

ターポリンビニール看板の製作です。
短期に使う看板になります。拡大するデータがJPGなのでA1サイズになるとギザギザになります。お客様の了承を得て出力しています。周囲にハトメ加工をするので20ミリくらいの余白をとっています。
短期的に使うので周囲の縫製はなく切りっぱなしです。このままでハトメ加工もできますがさすがに強度が弱いので裏面に当て布をして少し強度をあげています。
ターポリンは丈夫な材料になりますがUVカットラミネート加工ができないためインクの色あせが早くに起こります。
無駄に多く製作せずに必要な枚数だけ製作すれば広告費のコストは抑えられます。
ただあまりコストを抑え過ぎて安っぽくなり過ぎると広告の意味がないように思います。

ターポリンビニール看板の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

人形メーカーさんの糊付き塩ビシート看板出力

人形メーカーの糊付き塩ビシート看板出力

糊付塩ビシートのインクジェット出力です。
ほぼ写真データです。ちょっと急ぎの仕事であまり納期に余裕がありません。
こちらのラテックスインクジェットはスピードが遅いです。こんな時はもう少し印刷の早い機械がと思います。
25メートル弱出力してラミネート加工です。これを2日で行いました。この他にターポリンの出力もあったのでちょっとバタバタした感じになりました。
あとはカットして梱包です。施工は山梨県の看板屋さんが行います。緊急事態宣言があけて少し仕事が動き出した感じがします。たまたま仕事が重なっただけの気のせいの可能性もあります。

この後、賃貸用の入居者募集ユポ紙ポスターが決まったのでこちらの出力をしていきます。ノンコートのユポ紙です。材料はかなり低価格。600ミリ×900ミリを100枚印刷します。

糊付塩ビシートの出力だけも行っています。
https://seri-graphie.com

塗料メーカーさんのダンプラ看板

塗料メーカーのダンプラ看板

いつもご依頼がある塗料メーカーさんからの注文です。

ダンプラは表面が真っ平らではなく少し凹凸があります。印刷シートを貼る時は凹みに押し込めが足りないと綺麗に貼り付きません。
仕上げにラミネート機に通してしっかり押し込んでいます。
フラットな材料が好きな方はちょっと好きになれないと思います。

ダンプラは軽くて低コストなところがいいところです。屋外でも使えます。
かなり使い勝手のいい材料でもあります。
短期的な使用やイベントなどで繰り返し使う時によく使われます。工事現場でもよく使われております。

塗料メーカーさんは展示用のパネルとして使われています。

表面の凹凸も少しなのでパネルを見る人もそこまで気にはならないと個人的には思っています。
フラットな材料が好きな時はアルミ複合板やポリセームやCPパネルを使われるとです。

材料にはそれぞれ特徴があるので好みや使い方に合わせて選ばれるとイメージに合ったパネルが出来上がります。

ダンプラ看板の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

熱海で豪雨災害がありました。九州も豪雨の災害があるので心が痛いです。
こういった災害はいつ発生するか分からないのでもしもの備えが必要だと思います。
またコロナの影響もあるので避難先でも対策が必要だったりします。
先日、ワクチン接種の券が届いたのでこういった時にことも考え早めに接種したいと思います。予約が出来次第、ワクチン接種をしたいと思います。