ダンプラ看板はサイズを考えて複数枚依頼するとお得です

外壁塗装専門店のダンプラ看板を製作

外壁塗装屋さんに人気のダンプラ看板

埼玉県川口市にある外壁塗装専門店プロペイントさんからのご依頼でダンプラ看板を製作しました。https://pro-paint.jp/
色々なサイズで製作依頼を頂きました。
外壁塗装専門店プロペイントさんのショールームで使うパネル看板になります。

ダンプラ看板を選ばれた理由に印刷シートが剥がれにくいことを言われていました。ダンプラ看板の多くは看板屋さん製作していると思われます。
看板屋さんが製作することで看板用の糊付き塩ビシートをダンプラに貼って看板を製作します。この看板用の糊付き塩ビシートは糊が強く簡単は剥がれない強い糊です。短期用は長持ちしないのであまり使えませんが、中期用以上であれば大丈夫です。
外壁塗装専門店プロペイントのショールームにはいろんなパネルがありダンプラが一番良かったのだと思います。そこで塗装メーカーさんのダンプラ看板を製作しているうちにお声がけして頂きました。

ダンプラ看板の製作過程を綴りながら、製作するときにお得なる頼み方を一緒に紹介していきます。
最後の方にはダンプラ看板の参考価格を掲載しています。

看板用糊付き塩ビシートをインクジェットで印刷

看板用糊付き塩ビシートをインクジェットで印刷

看板用の糊付き塩ビシートにインクジェットで印刷しています。
インクジェットで印刷しているので写真や色数を気にすることなくお好みのデザインを印刷できます。

看板用の糊付き塩ビシートは印刷できる幅が1300ミリくらいありますので、1枚の発注でも問題ありませんが複数枚発注することで余白を少なくできるので単価を下げることができます。無駄が少ないの製作する側にとってもゴミが減るのプラスになります。

看板用糊付き塩ビシートは中期用タイプを使っています。普通は屋外で3年くらい使えますが、こちらで使っているエイブリーの3000番シリーズは性能が高く屋外でも3年は問題なく使えます。もう少し長く使用しても大丈夫です。
またインクジェットにラテックスインクジェットを使っているため、溶剤系のインクジェットと比べ塩ビシートの糊にダメージをほとんど与えることなく印刷できるため塩ビシートの性能を最大限に発揮できます。
ラテックスインクは水性ベースなので、環境にも優しいインクになっています。
環境のことにも配慮されている企業様にはオススメです。

色あせ防止のためUVカットラミネート加工

色あせ防止のUVカットグロスラミネート加工

色あせを防止するためのUVカットラミネート加工になります。今回はグロスタイプで行っていますが、マットタイプもあります。
看板用のUVカットラミネート加工は紫外線をしっかりカットしてくれます。3年程度はほとんど色あせることはないと思います。

UVカットラミネートも糊付き塩ビシートと同じでエイブリーの3000番シリーズになります。ラミネートも性能が高く黄色く変色することもあまりありません。
中期用のメディアでは評価の高い材料になります。

完成した印刷シートをダンプラに貼る

ラミネート加工した印刷シートをダンプラに貼る

印刷シートをカットしてダンプラに貼る工程です。ここでは空気が入らないように貼る工程です。ローラーを使って空気を抜きながら貼っています。
ダンプラは表面に少し凹凸があるのでシート貼りはそこまで難しくはありません。
比較的簡単な方だと思います。
大きなダンプラに貼って後からカットします。
ダンプラは3×6版を使っているので余白が少なく無駄がない方がいいです。無駄が少ないことは単価を下げることができます。複数枚注文すると無駄が少なくなることが多いためダンプラ看板を安く製作しやすいです。また、製作枚数が多くなれば価格交渉も上手く行くと思います。ご予算が分かると対応しやすくなります。

ダンプラは段ボールのような構造で樹脂で出来ているため軽くて丈夫です。ただし筋方向によって強度に違いがあります。屋外でも屋内でも使えるのでオススメの材料になります。
3×6版は910ミリ×1820ミリの大きさです。ドア1枚くらいの大きさです。ダンプラはプラダンとも言われており、言い方が違うだけでどちらも同じものです。

シートを貼ったダンプラをカッターで看板サイズにカット

ダンプラをカッターで看板サイズにカット

印刷シートを貼ったダンプラはカッターで看板サイズにカットします。
厚さ5ミリのダンプラはカッターでカットすることができます。厚さ5ミリになるとさすがに1回でカットは出来ませんが数回すればカットできます。
ダンプラはカッターで簡単に加工できるので使い勝手いいです。DIYとかでも使われているようです。

印刷シートをダンプラに圧着

ラミネート機を使って印刷シートを圧着

この工程は印刷シートダンプラをラミネート機を使って圧着しています。あまり意味があるようには見えないかもしれませんが、ダンプラは表面に少し凹凸があるのでしっかり圧着する必要があります。ここで圧着しておけば簡単に剥がれることがありません。
ただラミネート機に通しているだけですが、大切な工程になります。

ダンプラ看板の完成

外壁塗装専門店の紹介用ダンプラ看板

外壁塗装専門店プロペイントのダンプラ看板を製作させて頂きました。外壁塗装のこだわりや塗料メーカーによる違いや施工実績など色々なダンプラ看板を製作しました。プロペイントさんの真面目さが出ている内容です。ショールームで使われますので、埼玉県川口市近郊の方々は見る機会があるかもしれません。

比較的小さいのダンプラ看板をたくさん製作致しました。最近では小さいサイズの看板は送料が安くなっていますのでお得です。福岡からでもそこまで高くはありません。まとめて発注すればほとんど送料は気にならないくらいの価格です。
ダンプラ看板にご興味がありましたら、下記に参考価格などを掲載していますので参考にしてください。

ダンプラ看板の参考価格

  • 600×900 1枚 4500円(税別)
  • 450×600 1枚 3100円(税別)
  • 300×450 1枚 2750円(税別)

印刷、ラミネート加工込みの価格になります。価格と詳細はホームページに掲載していますので、ご興味がありましたらアクセスして下さい。
ダンプラ印刷して看板製作

その他の看板製作

インクジェット使った看板製作以外にレーザー加工機を使って名札や社名プレートなども製作しています。
福岡のレーザー加工

質問、見積り、製作依頼などお気軽にお問合せ下さい。

徳川家康の家紋を和紙にレーザー彫刻して御城印サイズにカット

和紙に徳川家康の家紋をレーザー彫刻

和紙にレーザー彫刻した家紋のアップ

和紙に家紋をレーザー彫刻しました。レーザー彫刻したのは徳川家康で家紋で三つ葉葵です。
この家紋を普通にレーザーカットするとバラバラになってしまうので、バラバラにならないように繋げるようにしました。細い線を網目のようにすることで縦、横の引っ張りにも耐えられるようにしています。ただ、そこまで強度あるわけではないので取り扱いに要注意です。
アップ写真を見ると分かると思いますが、細い線が綺麗に残っています。
こんな繊細な加工が出来るのはレーザー加工だけだと思います。
出来る限る和紙を貫通させてことで家紋が綺麗に見えます。

和紙 家康家紋透かし

御城印のコレクションのひとつにして頂けると嬉しいです。
ネットショップにて販売しています。1枚700円です。
セリストア

和紙のレーザー彫刻

和紙に家紋をレーザー彫刻

和紙には表と裏がありツルツルしている方が表でザラザラしている方が裏になります。レーザー彫刻を行うときはザラザラした裏面から行っています。
紙をレーザー彫刻すると表面が少し茶色になります。レーザーは火なので軽く焦げた感じです。少し茶色でもおかしくはありませんが白い和紙を使っているので出来るだけ白い方がいいかと思い裏面からレーザー彫刻しています。
ちょっとだけ白色にこだわっています。

この和紙をどう表現するのがいいか分かりませんが切り絵に近い状態ではあります。
本当に細い線なのでレーザー彫刻の繊細さが分かる商品になっています。
あまり他では見れないレーザー彫刻です。

御城印サイズの和紙に家紋をレーザー彫刻

和紙 家康家紋

繊細なレーザー加工で製作した徳川家康の家紋「三つ葉葵」になります。
サイズは100×148になっており御城印帳に入るサイズです。

他では見ることのできない和紙の加工になっており、レーザー彫刻の繊細な加工ならではの商品が出来ました。
こちらの商品はセリストアにて1枚700円で販売しています。

和紙にレーザー加工してで欲しい家紋がありましたら、メールしてください。
対応できれば製作致します。

普段は看板の印刷やレーザー加工で社名プレートなどを製作しています。
空いた時間で会社の機械を使って商品を製作しております。
小ロット生産のため在庫はあまりありません。
なくなれば自分で製作致します。
オリジナルで制作した方はお気軽にお問い合わせ下さい。

看板印刷・レーザー加工看板のセリグラフィ

看板用の材料で長持ちする円形の塩ビステッカーを2種類作成

長持ちする円形の塩ビステッカーを2種類作成

直径70ミリの円形ステッカーのカッティングマシンでカット

看板用の糊付き塩ビシートを使って分譲看板に付ける円形ステッカーを作成しました。福岡市内にある住宅メーカーさんからのご依頼です。
看板用の材料を使っているので屋外でも長く使える仕様になっています。UVカットラミネート加工で色あせにも強く、看板用の塩ビシートの糊も強いので簡単に剥がれることはありません。屋外でも剥がれたり、色あせる心配はなく長くご使用できます。
またインクジェットとカッティングマシンを使っているので小ロットステッカー作成に向いています。少ない枚数でも低価格でステッカーを作成できます。
オリジナルのステッカーを低価格で作成することができます。屋外でも使えるので屋内でも問題なく使えます。車やバイクや自転車などにステッカーを使って頂いても大丈夫です。長持ちするステッカーなのでオススメです。

ラテックスインクジェット使って印刷しています。このインクは色々な材料に印刷することができます。その一つにカッティングシートがあります。カッティングシートにはシルバーやヘアラインや反射シートなど種類があるので、オリジナルのかっこいいステッカーを作成することも可能です。
カッティングシートを使ったステッカー作成についてはこちらのブログを参考にしてください。
シルバーやミラーのかっこいいオリジナルステッカーが作成できます

このような長持ちするステッカー作成のブログを書いております。
最後の方にはステッカー作成の参考価格を掲載していますので、
最後まで読んで頂けると嬉しいです。

看板材料の糊付き塩ビシートにインクジェット印刷

看板用の糊付き塩ビシートをインクジェット印刷

ラテックスインクジェットで看板用の糊付き塩ビシートに印刷しています。使用している看板用の糊付き塩ビシートはエイブリーの3000番シリーズを使っています。中期用の塩ビシートではありますが、屋外でも3年以上は使える塩ビシートになっています。裏面がグレーになっているので重ねて貼っても下の図柄が透けることはありません。再剝離の強粘着なのでしっかり貼れて剥がすときは糊残りがほとんどありません。
ラテックスインクは水性ベースのインクなので塩ビシートの糊にダメージを与えることなく印刷できます。そのため塩ビシートの性能を最大限発揮できます。
優れた塩ビシート使ったステッカーになります。

印刷時に入れている四隅のL字型のトンボを輪郭カットするときにカッティングマシンに読み込ませます。このトンボがないと綺麗な円形ステッカーを作成できません。

色あせ、キズ防止のUVカットマットラミネート加工

UVカットマットラミネート加工を行っています。このラミネートもエイブリーの3000番シリーズです。塩ビシート同様に優れている中期用のラミネートになります。紫外線をしっかりカットしてくれるので、色あせの心配はありません。屋外で3年位使ってもほとんど色あせしておりません。ほぼ最初の状態と同じような感じです。
ラミネート加工は色あせ防止とキズ防止の効果があります。ほとんどの場合でラミネート加工を行っております。

カッティングマシンで円の輪郭にカット

直径40ミリの円形ステッカーのカッティングマシンでカット

ラミネート加工した印刷シートをカッティングマシンを使って円形にカットします。ここで大切なことなシートをカットして下の紙をカットしないことです。
実際にはカットする前にテストカットを行いシート切れ具合を確認してから円形カットを行っています。
ここは機械カットを任せておきます。今回は直径40ミリと直径70ミリの円形ステッカーをカットしました。各50枚です。

円形の輪郭カットが終わったら1枚ごとに切り分けカス取りしてステッカーの完成です。

長持ちの円形ステッカーが完成

看板用の材料で製作した長持ち円形ステッカー

完成した円形のステッカーです。左が直径70ミリで右が直径40ミリになります。
カッティングマシンでカットしているので、直径の変更は自由です。円形以外の輪郭でも自在にカットできるのが強みです。

こうやってンクジェットとカッティングマシンでステッカー作成ができます。こういった作成方法なので小ロットに適しております。500枚以下であればこの方法が低価格でステッカーを作成できると思います。サイズに関係するところはありますので、ステッカー作成をお考えであればお気軽にお問い合わせ下さい。無料でお見積り致します。個人の方でも大丈夫です。

看板用の材料なので本当に長く使うことができます。品質のよい材料を使っているので安心です。1枚だけでもステッカー作成は出来ます。

塩ビステッカーの参考価格

直径100ミリ 50枚 @90円 4500円(税別)
※UVカットラミネート加工は艶有又は艶無から選ぶことが出来ます。
10000円(税別)以上のご注文で送料を半額しております。

ホームページにステッカーの基本的な価格と詳細を掲載しています。
サイズと枚数をご連絡して頂けましたらお見積り致します。
その他材料(シルバーやヘアラインや反射シートなど)でステッカーを作成した場合は材料の種類も記載してください。
塩ビステッカー作成 ステッカー印刷

その他の看板製作

インクジェット印刷以外でもレーザー加工機を使って木とアクリルを彫刻、カットしています。 名札や社名プレートや看板などの制裁を行っています。お時間がある方はアクセスして頂けると嬉しいです。
福岡のレーザー加工 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

質問、見積り、製作依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。

 

3枚1セットのアルミ複合板看板はシート剥がれ防止の周囲巻き込み貼り

印刷シートを周囲巻き込み貼りした図柄合わせのアルミ複合板を製作

印刷シートを周囲巻き込み貼りして図柄を合わせる

福岡のデイサービスを運営されて会社さんからのご依頼で製作しています。

アルミ複合板は樹脂をアルミの板で挟んだ材料で看板の定番材料になります。
丈夫なので長く使う看板に使われる材料です。

800×1550サイズのアルミ複合板を3枚製作し合わせることで1枚の看板になります。各1枚は印刷シート周囲巻き込みしアルミ複合板に貼っています。
印刷シートを周囲巻き込みすることでシート剥がれを防止できます。シート剥がれの心配がないので安心して長く使えます。
周囲巻き込みで図柄を合わせて貼るのは難しいです。多少は図柄がズレてしまうことがありますが、1ミリ位の誤差なので少し離れて見ると分からない程度になります。出来る限り図柄は合わせるようにしています。
図柄合わせをしたアルミ複合板看板なので3枚並べて取り付けるだけです。

そんなアルミ複合板の製作過程を記載しております。
最後の方にはアルミ複合板看板の参考価格も掲載していますので、
最後まで読んで頂けると嬉しいです。

看板用糊付き塩ビシートをインクジェット印刷

看板用糊付き塩ビシートをインクジェット印刷

看板用の糊付き塩ビシートにラテックスインクジェットで印刷しています。
ラテックスインクジェットは水性ベースのインクで環境に優しいインクになっています。
ラテックスインクジェットの特徴としては水性ベースのインクなので印刷時に塩ビシートの糊にダメージをほとんど与えないので、塩ビシートの性能を最大限発揮できます。使っている塩ビシートはエイブリーの3000番シリーズで中期用中でも品質の高いものです。3年程度は最初の状態とほぼ同じ状態を維持してくれます。UVカットラミネートも同じメーカーのものを使っています。
ひび割れや黄変もあまり起こりません。
溶剤系に比べると印刷のスピードが遅いと思います。ただし乾燥後すぐにラミネート加工が出来るのでトータルで考えるとそこまで時間がかかるわけではありません。印刷後にUVカットマットラミネート加工を行っております。

アルミ複合板に印刷シートをラミネート機を使って貼る

アルミ複合板に印刷シートをラミネート機を使って貼る

アルミ複合板看板のシート貼りはラミネート機を使って行います。ローラーを使って貼るので綺麗で位置合わせした通りに貼ることが出来ます。
シート貼りは800×1550サイズを3枚行います。3枚1セットなので真ん中の図柄が最初のシート貼りになります。それから左右を図柄合わせしながら貼ります。
ラミネート機でシートを貼って周囲巻き込みを行うこの作業を3枚分行います。
シートの伸びも考える必要があるので経験も必要です。慣れてくればシートの伸びも分かるようになってきます。
ここでは位置決めを正確に行い、綺麗に貼ることが大切です。

印刷シートは周囲巻き込みで仕上げる

印刷シートを周囲巻き込みしたアルミ複合板看板

印刷シートの巻き込みはシート剥がれ防止になります。すぐに効果が分かることではありません。長く使っていると次第に剥がれてきたりします。使っているシートのグレードでも変わってきます。ただ印刷シートの巻き込みをしておけばそういった心配はありません。普通に長く使えます。
印刷シートの巻き込みは見た目もいいです。アルミ複合板は厚さ3ミリしかありませんが印刷シートがあった方が図柄が繋がって見えます。ここは自己満足なのかもしれませんがこのちょっとが見栄えの良さだと思います。

アルミ複合板看板の図柄合わせの確認

印刷シートを周囲巻き込み貼りして図柄を合わせる

一番最初の写真でも図柄合わせの写真を使っています。この看板の製作で図柄合っていないときは失敗になります。正直言って失敗したことはありますが、その経験で上手くなっています。失敗なしに上達することはありません。失敗するとチャレンジしなくなることもありますが、そこは繰り返し行うことで必ずコツを見つけて上達します。出来る限り完璧な図柄合わせを目指しておりますが、1ミリ程度はズレることがあります。このくらいは誤差範囲にしています。
図柄を合わせて離れて見ることでおかしくなっていなければ基本問題ありません。
看板が大きくなると近くで見ることはほとんどありません。

3枚1セットのアルミ複合板看板の完成

デイサービスの図柄合わせしたアルミ複合板看板

アルミ複合板を3枚ならべたときの写真です。今回はかなり上手く仕上がっていると思います。このくらいの距離だと継ぎ目も分からないくらいになります。
図柄合わせを行いながらのシート貼りになるので、通常のシート貼りに比べると時間はかかりますが、上手く仕上がった状態を見るとあまり時間のことは気にならなくなります。
この状態であればあとは並べて取り付けるだけになります。デイサービスの運営会社さんに引き渡しました。あとは向こうで取り付けを行うそうです。

アルミ複合板看板の参考価格

アルミ複合板看板 インクジェット出力シート貼り(周囲巻き込み)
UVカットラミネート加工
910×1820 1枚 16000円(税別)
※UVカットラミネート加工は艶有又は艶無から選ぶことが出来ます。
送料は地域やサイズにによって異なりますので、別途お見積りしております。
価格や詳細はホームページに掲載していますので、ご興味がありましたらアクセスして下さい。
アルミ複合板看板の価格と詳細

その他の看板製作

インクジェット使った看板製作以外にレーザー加工機を使って名札や社名プレートなども製作しています。
福岡のレーザー加工

質問、見積り、製作依頼などお気軽にお問合せ下さい。

 

木目が綺麗な八女熟杉をレーザー加工して御朱印帳の表紙製作

木目が綺麗な八女熟杉をレーザー加工して御朱印帳の表紙製作

福岡のブランド杉「八女熟杉」を使って御朱印帳の表紙を製作しています。天然木を使った非常に木目が綺麗な御朱印帳になります。八女熟杉の表面もツルツルに仕上げておりますので触り心地も最高です。

レーザー彫刻と焼目加工で文字を入れております。彫刻だけはよくありますが、焼目を付けているものは珍しいです。焼目加工でさらに高級感が増します。

天然木を使ったを使った御朱印帳を製作も受けていおります。オリジナルの製作したい方や林業で自分たちが育てた木で作ってみたい方や神社や旅行関係者など天然木や合板を使ったお好みの御朱印帳が製作可能です。
ご興味ありましたら、最後まで読んでお問い合わせして頂けると嬉しいです。

ネットショップにて「八女熟杉の御朱印帳」を販売しています。
セリストア

自動カンナで八女熟杉の厚さ調整と表面加工

八女熟杉を自動カンナで表面加工

自動カンナを使って八女熟杉を7ミリ位の厚さにします。厚さ7ミリはレーザーカットできる厚さです。最初は厚さ10ミリの状態なので、表面を綺麗に削りながら7ミリにしていきます。このとき表裏両方交互に削りながら表面の状態を確認し作業を進めて行きます。
出来るだけキズや凹みが内容に仕上げます。自動カンナで削るとツルツルになり最高の触り心地なります。自動カンナの後に400番のヤスリで軽く仕上げています。

表面加工した八女熟杉

厚さを7ミリ位に加工した八女熟杉

写真では分かりにくいですが、手前が表面を綺麗に仕上げた八女熟杉で奥が加工前のものです。木目が綺麗なのであまり表面の状態が分かりませんが現物を見ると違いがあります。とりあえずは厚さ7ミリにして綺麗に仕上げています。

御朱印帳の表紙サイズにレーザーカット

八女熟杉をレーザーカット

厚さを7ミリにした八女熟杉をレーザーカットします。カットの前に加工面に和紙アプリを貼っておきます。木材をレーザーカットするとヤニが発生して表面が汚れてしまいます。汚れないために和紙をアプリを貼っています。
最高の材料なので手を抜かず一つ一つ丁寧に作業をしています。
レーザーカットすることで正確なカットが行えすべて同じサイズにカット出来ます。どうしても鋸を使うと多少ズレることがあります。
それとレーザーカットすることで切り口が茶色くなりいい感じの板になります。
7ミリ位の厚さで切り口がそのままだとかまぼこ板ような感じに見えてしまいます。

御朱印帳の表表紙をレーザー彫刻

御朱印帳の表表紙をレーザー彫刻

御朱印帳と八女熟杉の文字をレーザー彫刻します。カットが正確なので彫刻の位置決めも問題ありません。すべて同じ位置に彫刻できます。
杉にレーザー彫刻すると硬い所と柔い所では彫刻の深さが変わってきます。これも自然な感じなので見た感じおかしくはありません。
表表紙は小さい文字がないので彫りが浅くなることはありません。

御朱印帳の表表紙に焼目加工

御朱印帳の表表紙に焼目加工

焼目加工は彫刻した文字に焦げ目を付けていく加工になります。ここで和紙アプリを貼っていることが分かると思います。
焼目加工はレーザーの焦点をわざとずらし彫刻しています。そのため少し大きく焼目がついてしまうのです。実際には彫刻した部分だけに焼目を付けたいのですがそれが出来ないので和紙アプリにはみ出した焼目は保護してもらっています。加工後に剥がすと彫刻部分にだけ焼目が付いています。
焼目加工はひと手間かけた仕上げになります。焼印風の感じにもあるので、彫刻だけに比べて高級感がアップしています。

御朱印帳の裏表紙をレーザー彫刻

御朱印帳の裏表紙にレーザー彫刻

裏表紙のレーザー彫刻は文字が小さいので彫りの深さを注意する必要があります。
文字が小さくなったり、線が細くなると単純にレーザーの当たる時間が短くなるため彫りが浅くなることがあります。また、硬い部分にレーザー彫刻するとほとんど彫れていないこともあります。そうならないためにきちんと彫れているか確認しながら作業を行います。彫れていないときは2回レーザー彫刻を行います。

御朱印帳の裏表紙に焼目加工

御朱印帳の裏表紙に焼目加工

裏表紙の焼目加工も彫刻で同じで焼目が付きにくいため、焦げ目が薄いときは2回行います。
小さい文字や細い線は木の硬さによって彫りの状態が変わるので手間はかかりますが確認しながら作業をしています。
いいものを製作するために手間がかかります。本当にいいものは簡単にはできません。

レーザー加工による御朱印帳の表紙

八女熟杉をレーザー加工して御朱印帳の表紙製作

レーザー彫刻、焼目加工が終わって和紙アプリを剥がすと完成です。
綺麗に木目に焼目が付いた文字が映えます。焼目加工がないとちょっと文字も見えにくかったりするのであった方がいいと思います。

これを金之助商店を運営されている製本屋さんに渡して御朱印帳になります。
中に和紙を挟み御朱印帳の表面には蜜蠟を塗って仕上げておられます。
一作業ごとに手間をかけた八女熟杉を使った御朱印帳になります。
本当にいいものなので少し高いかもしれません。価格に合った御朱印帳になっております。
楽天市場の金之助商店にて1冊7000円(税込み)で販売されています。
ご興味がありましたらアクセスして下さい。

オリジナルの御朱印帳製作も受けております。
天然木又は合板を使った御朱印帳が製作可能です。金之助商店さんでも受けておりますので詳しく知りたい方は金之助商店さんにお問い合わせするのがいいかもしれません。楽天ページの最後にお問い合わせがあります。

金之助商店の運営会社
有限会社櫂歌書房
〒811-1365 福岡県福岡市南区皿山4-14-2
TEL:092-511-8111

最後まで読んで下さりありがとうございます。
レーザー加工以外にもインクジェットやシルクスクリーン印刷で看板の製作を行っております。何かありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

インクジェット印刷での看板製作

レーザー加工以外でもインクジェット印刷で看板の製作を行っています。捨て看板、アルミ複合板看板、ポスター、ステッカーなど色々と製作しております。お時間がある方はアクセスして頂けると嬉しいです。
福岡の看板・プレート印刷

その他の看板製作

インクジェット使った看板製作以外にレーザー加工機を使って名札や社名プレートなども製作しています。
福岡のレーザー加工