緊急事態宣言が解除されて約1カ月ちょっと動き出した感じです

ダンプラの訴求パネル

この1ヶ月は少し仕事が動いた感じです。見積り依頼も増えてきました。

3月はダンプラ看板の製作が多かったです。塗料メーカーさんのご依頼にはかなり助けられました。定期的にお仕事を頂きており、かなりの枚数を製作致しました。担当者様も良い方です。こちらからの状況を判断して対応してくれています。

イラストレーターのデータも事前に送って頂くので準備も進めやすいです。
たまに内容変更や短い納期のこともありますが、それも楽しみとしてお仕事をさせて頂いております。

ダンプラの訴求パネル

こちらは緊急でデータを差替えにすることになりました。
そういったこともたまにはあるので臨機応変に対応できるようにちょっと余裕があるような感じで仕事を進めていくように心掛けております。

リピートのデータでも内容を確認はしますが、差替えデータのときはあせる気持ちもがありますが出来るだけ丁寧に内容を確認するようにしております。
間違えて印刷するより効率はいいと思っています。

間違えることはありますが、その後どうするかが大事だと思います。
優秀な人と違って真面目にコツコツとすることしかできないのでこれを大切にして仕事をしております。

久しぶりに仕事の依頼がありました。

ダンプラPR看板

新型コロナがまだないころは、お仕事をさせて頂いておりました。
ニュースでは大変な状況になっているのは見ておりましたが、こちらからなかなか声をかけることができず後悔しておりました。
今回、久しぶりにお仕事のご連絡あり単純に嬉しかったです。
メールやり取りでこちらの気持ちも少し書いたりしました。今度は思った時にすぐに連絡しようと思いました。

銚子電気鉄道株式会社は社長さんや女性車掌さんなどが【銚子電鉄】激つらチャンネルをYoutubeでやっております。
自分もチャンネル登録して見ております。まだ、銚子市には行ったことがないので行ったときは動画を参考にして観光したいと思います。

4月からは暖かくなって少しイベント関連の仕事が増えてくれるといいのですが、
この辺はまだ、どうなるか分からないのでコロナの影響が少ないところの仕事を増やす必要があると思います。
現状では工事、不動産、動物病院、個人などが仕事の中心になると思っています。

インスタグラムでも投稿しておりますのでお時間のある方は見て頂けると嬉しいです。
「#seri_graphie」で検索してみてください。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/laser/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

最低の2020年、脱最低2021年を目標に

2020年は過去最低の売り上げで終わりました。
2019年は後半から売り上げも上がっていい感じで1年を締めくくることができ、2021年は更によくなる感じだと思って終わりました。

1〜3月は黒字でいい感じではじまったので少し期待しておりました。
3月から新型コロナウイルスの影響が少し出てきますが売り上げも少し落ちていましたがあまり気にしていませんでした。
4月からは売り上げは落ち、緊急事態宣言になっていきます。

ここからはイベント関連の仕事がなくなっていきました。
緊急事態宣言中は不動産と工事関連の仕事を中心に行いました。
4月.5月.6月は30%減くらいの売り上げになりました。
全体の仕事の三割くらいがイベント関連の仕事です。

7月くらいから他の仕事も少しずつ減っていきました。
個人相手の仕事「BtoC」を増やすようにSNSやはブログでの投稿を増やしていきました。簡単には増えませんでしたが多少は増えてきている感じもします。
受注生産での仕事なので趣味で使えれるものであれば注文があります。
ネームプレートやステッカーや名入れみたいなものです。

8月から11月までは利益でいうとちょっとマイナスの感じが続きました。
ただ、この時期は持続化給付金があったので今までのマイナスを補填できた感じです。
手続きも大変たっだものもありましたが、時間のある状況だったので何とか自分だけでできました。手続きもよく内容を読めば分からなくもありません。

12月は比較的忙しい状況になっていました。色々とイベントの仕事もあったので。
ただ、後半からは新型コロナウイルスの感染者も増え状況が変わっていきました。
毎年年末には年始の仕事もするのですが、保留から中止になってしまいました。
年末には緊急事態宣言が再度出され年明け分の仕事はなくなりました。

2020年は東京オリンピックと重なってイメージではかなり忙しく売り上げも上がる予定でしたが、大きく変化して最低の1年になってしまいました。
ただ、悪いことばかりではなくいいことも多少はありました。多くの取引先様からこのような時でも仕事を頂いたことは事実です。
おそらく探せばもっと安く製作してくれるところはあったと思います。
本当に感謝しております。

悪い年ではありましたが、このような経験を出来ることはあまりないので見直しもできました。業種を絞らず出来るだけ幅広く仕事をしているつもりでしたがまだまだ足りなく感じております。多くの人たちの仕事ができるように知識を増やす必要があります。

ワクチン接種がはじまっておりますが、おそらく2021年中は新型コロナウイルスの影響は続くと思っております。もしかすると来年も続くかもしれません。正直どうようなになっていくかは未知の状態です。このような環境でも継続できる状態にはしたいと思っております。

最近はマスクをつけて出かけることに慣れてきましたが、取引先の方や知人をみかけてもみんなマスクをしているので声をかけるのをためらうことがあります。
本人かどうか分かるまでにちょっと時間がかかります。無視はできない性格なのでどうにかして欲しいです。

インスタグラムでも投稿しておりますのでお時間のある方は見て頂けると嬉しいです。
「#seri_graphie」で検索してみてください。Facebookもしています。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

レーザー加工機で杉とヒノキの木製プレートと釣り用品に名入れする

厚さ12ミリの杉材を幅400ミリ×縦100ミリに電動糸鋸で加工しています。
レーザー彫刻する前に和紙アプリを貼ります。
彫刻時に発生するヤニで汚れないためと焼目を付けるときの保護用です。

杉材はあまり硬い材料ではないので、ちょっと弱めの出力で彫刻しております。
彫り具合を確認してから焼目を付けます。彫が浅い場合はもう一度、彫刻します。

焼目を付けるときは、レーザーの焦点をずらして行います。
焦点をずらしているから彫刻した部分からはみ出して焼目が付きます。
焼目を付けるときも少しは彫られるので彫刻時に少し彫りが浅くても大丈夫です。

厚さ9ミリのヒノキをレーザー加工しています。
和紙アプリを貼る前に表面を紙ヤスリで綺麗にしております。

小さい文字も彫刻するので少し浅めに彫刻しています。
幅80ミリ×縦210ミリの名前プレートを製作します。

レーザー彫刻した後に焼目を付けてから穴と周囲をカットしております。
カットしたときにカット面が焦げるので加工後に紙ヤスリで焦げを綺麗にします。
3枚各1種類の木製名前プレート製作します。

釣り用品の網の柄に名入れをします。
網の形が変形なので直線部分がありません。なので彫刻位置を決めるために普段使わない方法で位置決めします。
マスキングテープを加工サイズに切って加工位置に貼りっています。

マスキングテープの四隅角をレーザー加工機に読み込ませて彫刻位置を決めて彫刻しております。材質が分かりないので弱め出力で彫刻しました。

彫刻した後に焼目を付けますが、同じデータを使って焦点をずらして加工しています。
今回は2本、名入れしました。
いい感じに名入れができました。思っていたよりスムーズに作業が進みました。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
レーザー彫刻の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/laser/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

軽量で耐水性があるダンプラは色々なところで使われている便利な材料ですが弱点もあります

厚さ5mmのダンプラを使って看板を製作しているセリグラフィの谷です。
ダンプラは軽くて耐水性もあるので屋外でも使える便利な材料です。
印刷シートの周囲巻き込みができないので長期的に使うようなものではないと思います。

ダンプラは空洞部分があるので厚さ5ミリでも軽量な材料です。ポリプロピレンが主原料で熱が加わると変形することがあるのであまり高温になるような場所では使わないことが大切です。
サイズにもよりますが両面テープで取り付けは可能です。

印刷シート貼ってからカッターで切っております。
カッターで切れるので簡単に加工できます。穴あけはドリルでもできますが、ポンチでも穴加工ができるの加工がしやすい材料です。
穴あけをした場合はハトメ加工をして穴を補強した方が使い勝手はいいです。
結束バンドなどで取り付けてた場合、しっかり固定できます。

ダンプラに印刷シートを貼って製作しています。
UVカットラミネート加工もしているので色あせの防止できます。
好きな柄や写真やイラストを印刷できるのでDIYでも使われることがあります。

簡単な目隠しとしても使えます。今回はグロスラミネート(艶有)を使っていますが、
マットラミネート加工(艶無)もできます。最近は艶無の方が人気があります。

シートを貼るスキージがあれば比較的簡単にシートを貼ることができます。
スジ部分が少し凹んでいるためエアー抜きが簡単にできます。
DIYしてたり器用な方はサイズが大きくてもできるかもしれません。
ただ、表面が平らではないので出来上がりの見た目にちょっと違和感を感じることがあることもあります。慣れるとあまり気にならなくなります。

個人の方からのご依頼でも製作は致します。
注意点はサイズが大きいと発送できないこともあります。クロネコ宅急便のサイズが規格になるので参考にしてください。
屋号や団体名があれば910ミリ×1820ミリサイズまで発送できます。

緊急事態宣言が出されてイベント関連の仕事がなくなるので、少し時間が出来そうなので会社内の隠したいところをダンプラで作ろうかと考えています。
室内なのでマットラミネート加工をすると思います。
個人的にも艶無の方が好みです。またダンプラのスジも分かりにくい気がします。

新型コロナも変異株がでてきたりして落ち着くような感じがないので、踏ん張りながら色々と考えて行きたいです。一人で何かするよりも他の人たちを協力して何かできればと思います。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

切り口を印刷シートで保護できます

インクジェットで看板印刷を行っているセリグラフィの谷です。
アルミ複合板看板は看板用の糊付き塩ビシートに印刷したものを貼って製作しています。インクの色あせ防止のUVカットラミネート加工も行っています。

印刷シートをアルミ複合板で包んでいるような感じなので、切り口が見えないので素手で持っても手が切れることがありません。
アルミ複合板は通常の金属用のドリルで穴加工もできます。

消防設備の図面を看板にするご依頼も増えております。
図面データあれば簡単に製作できます。データない場合でも製作はできますが、データ制作に時間がかかりことがありますが製作は可能です。データ代が少しかかります。

データ制作はイラストレーターで行っています。写真や紙図面からデータを制作することも多くイラスレーターの基本的な使い方の勉強になります。
忘れていた機能や新しい機能を確認できるので自分にとっては大切な時間です。

連結送水管の図面看板ですが、これも周囲巻き込みで製作しています。
シート巻き込みは剥がれ防止の効果もあるので利点も多いです。

太陽光発電設備の看板も巻き込みをしています。
角の尖りもちょっと緩和されます。

最近はシート巻き込みを行っている看板が増えております。
安全性と長く使えることがいいところなので安心感があります。

インクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
来年はレーザー加工の彫刻をバリエーションを増やしていく予定です。
写真の彫刻をうまくできるようにテストしている段階です。
現状ではサンプルを製作したうえで行っています。

今年は大きく変化した年でしたがとりあえず乗り越えることができました。
おそらく来年以降は変化のスピードが速くなっていくと思います。変化に対応できるようにしていくことが大切だと感じでおります。色々なことにチャレンジできるよう余裕を持ちたいと思います。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
レーザー彫刻の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/al/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/