連結送水管配置図看板を丈夫なアルミ複合板に印刷シートを貼って製作

アルミ複合板看板を製作しました。
看板によく使用される厚さ3mmのアルミ複合板です。看板の定番材料です。
インクジェットで印刷しているので1枚の製作でも高額になりません。

連結送水管設置位置図看板

連結送水管配置図のアルミ複合板看板

消防関連の看板で連結送水管配置図を示したものになります。
看板用の糊付き塩ビシートとUVカットラミネート加工をしておりメーカーの仕様では3年使えます。経験からだと5年程度は使えれる感じです。
実際はお客様の判断になります。色あせ具合で判断できると思います。

図面データはCADでDXFで保存したものをイラスレーターで開いて使っております。
このデータがあるとかなり助かります。
データがない場合でも製作はかかりますが費用と時間がかかります。費用はデータの内容によって変わるのでお問合せください。

出力シートはアルミ複合板に巻き込みで貼っているのでシート剥がれの心配はありません。デフォルトの仕様になっています。

放水口連結送水管のアルミ複合板看板

放水口連結送水管のアルミ複合板看板

製作方法や材料は上記と同じになります。
この看板のサイズは300ミリ×100ミリです。ご注文のほとんどはこのサイズが多いです。時々ちょっと変わることがあります。地域によって異なっている感じです。
材料のアルミ複合板は自社のパネルソーでカットしているのでサイズ変更にも対応しております。

今回使用するのは1枚みたいですがどこにでも使えるので10枚の製作依頼でした。
まとめてご依頼された方が単価が下がるのでちょっとお得になります。
使いまわしが出来るものは少し多めにご注文される方が多いです。

放水口連結送水管ステッカー

放水口連結送水管ステッカー

同じ内容のステッカーになります。このステッカーも看板用の塩ビシートとUVカットラミネートを使っていますので色あせの心配はなく看板と同じ程度使用できます。
サイズはプレート同じで枚数は50枚製作しました。
こちらも使いまわしができるので多めにご注文頂きました。

ステッカーの製作は四角形以外でも可能です。角丸や円形などの製作できます。
インクジェットとカッティングマシンで製作するので小ロットのご注文が可能です。
必要な枚数だけご注文できます。

看板の製作とレーザー彫刻を福岡市博多区で行っています。製作過程や材料の説明などブログに掲載しています。ご依頼時の参考にして下さい。
https://seri-graphie.com/blog/

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
https://seri-graphie.com/laser/

消防関連の看板も製作しておりますが、店舗、不動産、工事などの看板製作がおおいです。色々な業種からご依頼があります。
またイベントなどで使用する捨て看板の製作も行っております。
短期的な看板から通常の看板まで製作しておりますのでお気軽にお問合せしてください。

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタに投稿しています。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。

小さいサイズで1枚の看板でも安心してご注文できます

アルミ複合板看板を製作しました。アルミ複合板は看板製作の定番材料です。
樹脂をアルミの板で挟んだ材料で長持ちします。厚さは3ミリが基本です。
既製品ではないオリジナルの看板を1枚から製作しています。

連結送水管配置図のアルミ複合板看板

消防関連の連結送水管配置図看板を製作しました。
300ミリ×300ミリのサイズで1枚の製作です。

アルミ複合板は丈夫な材料なので長く使用できます。印刷シート巻き込みで製作した看板なのでシート剥がれの心配もありません。

連結送水管配置図看板や連結送水管のステッカーなど消防関連のものも製作しています。規格サイズはなくお客様の指定サイズで製作できます。

CADデータがあればデータは簡単なります。
ない場合は画像や写真から制作しております。データ制作には時間がかかります。
納期に余裕を持ってご連絡頂けると助かります。

飲食店のアルミ複合板屋号看板

デパートに出店される飲食店さんの屋号の看板を製作しました。

いつもご依頼頂いているデザイナーさんからの連絡があり製作しました。
280ミリ×280ミリのサイズを2種類で計3枚製作しました。

小さいサイズの屋号の看板です。デパ地下の柱などでよく見かけるものです。
マットラミネート加工で仕上げており光で看板が見えなくなることもありません。
グロスラミネート加工でも製作できます。艶があるので色が鮮やかになります。
お好みで選ぶことができます。

印刷シートを周囲巻き込みして製作しています。シート貼りだけのものより側面にもシートが貼っているので見栄えはいいです。プラス料金ではなくデフォルトの仕様です。

ネイルサロンのアルミ複合板社名看板

ネイルサロンの玄関前の看板を製作しました。

お店の外と内に取り付けらしいです。
300ミリ×400ミリのサイズを2種類制作しました。

印刷シート巻き込みしているので側面にも色があり見栄えもよくなります。もちろんシート剥がれの心配もありません。この見栄えの良さはシート貼りだからできるものです。

イラストレーターのデータを頂き製作しました。ネイルサロンなのでカラフルなデザインになっています。

アルミ複合板看板は重たいイメージがありますがそこまで重たくはありません。小さいサイズであれば両面テープでも取り付けできます。しっかり固定したい時は強力な両面テープを使うといいです。

看板の製作とレーザー彫刻を福岡市博多区で行っています。製作過程や材料の説明などブログに掲載しています。ご依頼時の参考にして下さい。
https://seri-graphie.com/blog/

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
https://seri-graphie.com/laser/

小さい看板や小ロットは価格の設定が難しいためちょっと高めになっていることが多いと思います。大きい看板と製作工程は同じでそれほど製作時間に違いはありません。材料代は低くなりますが小さい看板は無駄に材料を廃棄することもあります。
セリグラフィでは小さい端材も出来るだけ保管して低価格で提供できるようにしております。

福岡市内や近郊のお客様は近いので完成後、引き取りに来れる方もいます。
送料がお得になることとこちらの仕事内容を説明させて頂くこともあります。
あまり製作現場を見たことないお客様も多いので勉強になると言われることもあります。こちらもお客様の話を聞くことで色々と勉強になります。
コロナの影響もありイベント関連の仕事は減っていますが捨て看板も製作しています。コロナ対策などの短期的に看板として捨て看板を使われる方もいます。
材木屋さんに木枠製作の依頼が減っているのちょっと心配しております。
状況にもよりますがイベント関係の仕事が増えてくれると嬉しいです。

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタに投稿しています。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。

建築許可票の製作以外でもダンプラは看板の材料として使われています

ダンプラは段ボールに似た形状で空洞がある樹脂で作られた板の材料です。プラダンとも呼ばれています。厚さは色々がありますがこちらでは3ミリと5ミリを使っています。軽くて屋内外で使用できます。表面に少し凹凸があるのが特徴です。

厚さ3ミリは短期用で工事期間の短いものや短期イベントで使われます。厚さ5ミリはしっかりしているのである程度工事期間あるときの建築許可票や商品紹介看板とし使われます。こういった使い方をされる方にはオススメの材料になります。

アルミ複合板で看板を製作すると丈夫で長持ちします。なので価格も高くなります。ここまで必要ないときにダンプラを選ぶとコスト抑えられます。使い方に合わせ材料を選ぶことが重要になります。

ダンプラ看板の製作工程

セリグラフィでのダンプラ看板の製作工程になります。

看板用塩ビシートに印刷

看板の製作方法は糊付き塩ビシートにインクジェットで印刷します。建築許可票は黒1色が多いですがインクジェットなのでイラストや写真などフルカラーの印刷でも問題ありません。
シルクスクリーン印刷とは違って色数や種類は気にすることなく対応できます。
小ロットも対応できるのが強みです。色数が2色以内でデザインが同じものであればシルクスクリーン印刷で対応することもあります。

印刷後にUVカットラミネート加工をします。色あせ防止になります。ラミネート加工はグロス(艶有)とマット(艶無)から選択できるようになっております。
厚さ5mmのダンプラは結構丈夫なので屋外でも安心して使用できます。

ダンプラに看板用シートを貼る

印刷したシートを軽く手作業で簡単に貼ってから40℃くらいの温度にしたラミネート機に通して仕上げます。軽くしか貼っていないのでラミネート機を通すことでしっかりとダンプラに印刷シートが貼りつきます。これで糊がダンプラに密着することになります。シート貼りがあまいと剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。塩ビシートも短期用ではなく中期用をしています。安価な材料で製作するよりも長く使えるようにそれなりにいい材料を使用しております。屋外でも1年以上は大丈夫です。

ダンプラをカッターでカット

厚さ5mmのダンプラでもカッターで切れます。今回はA1サイズにカットして完成になります。一発ではカットできるほどの材料ではないので数回カッターを通して切ります。力を入れて一回でカットすると定規がずれてまっすぐ切れないことがあります。

ダンプラ宣伝パネル

4種類で10枚のダンプラ看板を製作しました。紙とエアパッキンで梱包して発送します。ダンプラは軽いので10枚で1梱包でも重たくはなりません。なのでダンプラは持ち運びにも便利です。屋内での使用であれば両面テープでも取り付け可能です。
ダンプラ看板の価格は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/

今までにダンプラで製作した看板は屋外イベントの案内や告知の看板や店舗のオープニング看板や穴補強のハトメ加工をした足場の看板などがあります。戸建住宅やマンションやアパートの工事用看板が一番多く製作しております。
穴あけだけでは切れたりすることがあるので穴あけしたときはハトメ加工まですることが大切です。これでフェンスや足場に看板を結束バンドでしっかり固定できるので安心できます。

価格を抑えて宣伝用のパネルを製作したときはダンプラがおすすめです。
多少表面に凹凸がありますがあまりに気はならないと思います。
店舗前などにちょっとした看板を付けたいならダンプラいいです。
材料も軽いので両面テープも取り付けできます。900mm×1800mm以内であればお好みのサイズに製作できます。

ダンプラはメーカーに注文して入荷するまでに少し時間がかかります。短納期の場合には対応できないこともあります。910ミリ×1820ミリの大きさ10枚程度は在庫しています。

凹凸がどうしても気になる方はアルミ複合板での看板製作いいと思います。
アルミ複合板を選ぶ理由の記事になります。
https://seri-graphie.com/blog/2021/07/16/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタにも投稿しております。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
https://seri-graphie.com/laser/

イベント開催を考えている方には役に立つ捨て看板の製作と使用方法

捨て看板とは木枠に生地を付けて製作される低価格の看板です。
イベント開催時によく見かける看板の一つです。

生地部分には色々な材料が使われます。不織布、ユポ紙、ポンジ、軟質塩ビ、ターポリンがあります。今回はこちらで製作時に使っている軽量ターポリンで製作方法を説明します。

軽量ターポリンに出力しカット

インクジェットで出力したターポリンをカットします。カットは定規とカッターで行います。軽量ターポリンなので簡単にカットできます。

最近の捨て看板は種類が多いのが特徴です。そのためインクジェット出力が向いており種類ではなく枚数で価格を決めています。告知以外にも案内の看板としても使われトイレ、案内所、駐車場、喫煙所など色々内容を製作します。

こちらで使用している捨て看板用の軽量ターポリンは裏面がグレーになっております。
裏面がグレーなので透けにくいです。またターポリンなので水に濡れても問題ありません。
木枠は15ミリ角の国産の杉材を使っております。節がほとんどないため折れにくいです。節が多い材木を使うと節の部分から折れてしますことがあります。それなりに丈夫な材木を使うことが大切になります。

捨て看板の裏面

カットしたターポリンをタッカーを使って木枠に巻き込んで止めます。ターポリンを引っ張りながら止めることがコツになります。こうすることで表面にシワがなく綺麗に印刷が見えます。ターポリンは樹脂で糸を挟んだ材料であまりの伸びないのが特徴です。
今回製作している捨て看板は幅600mmの捨て看板を製作しております。
こちらでは幅400ミリ、幅600ミリ、幅850ミリの3種類が規格サイズになります。高さは1500ミリで脚が300ミリあり合計で1800ミリなります。
幅850ミリの時は27ミリ角の太い杉材を使用しています。
各種類の価格はホームページに掲載していますので興味のある方は確認してください。
https://seri-graphie.com/kanban/

捨て看板の上部とめ方

捨て看板の上部は角の部分を折りたたんでタッカーで止めています。
角の部分はターポリンが重なるのでしっかりとまるよう2カ所打っております。
ターポリンが外れないように止めることが重要です。

捨て看板の下部のとめかた

下部の部分はターポリンを少しハサミを切って木枠に止めます。
この方法で下部からもターポリンを引っ張れるのでシワがなくなり平らになります。
また下部を巻き込んで止めることでそこから破れたりすることもなくなります。

出来上がりはこのような感じになります。幅600ミリは印刷面がそれなりに多いので多くの情報を掲載することができます。
幅400ミリは案内などによく使われ大きい文字で縦書きするレイアウトが多いです。
幅850ミリはサイズが大きくなるため会場のマップなどを掲載するときに役に立ちます。

短期間のイベントであれば壊れることも少なく次のイベントでも使用できることがあります。内容を考えて製作すると繰り返し使えてコストダウンになります。

このサイズを低価格で製作することが捨て看板にとって大切ですが、安易に安い材料を使うとすぐにダメになることもあるので注意しております。
材木も建材などを製作しているところから入荷していますので低価格で安心できるものになります。

3種類のサイズの木枠を在庫しており常に製作できる状態になっています。
時々在庫が寂しくなることもありますので本数が多いときに事前連絡して頂けると確保するようにしています。

インクジェット出力なので小ロットの対応が可能で1本からでも製作できるのがいいところです。逆にロットが大きくなると単価があまり下がらず印刷に時間がかかるのが欠点です。
よく注文頂く本数は10本前後です。普通にイベントをすると案内看板でこのくらいの量になるみたいです。
神社の初詣や七五三、商店街のイベント、花火大会、マルシェなど開催時にご注文頂いております。
特殊な使い方として脚の部分がない木枠で簡易的な看板を製作される方もいます。

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタにも投稿しております。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
https://seri-graphie.com/laser/

なぜアルミ複合板で製作された看板にしていますか?

アルミ複合板とはアルミの板で樹脂を挟んだ材料です。よく看板で使用されている定番の材料になります。通常は厚さ3ミリが使われます。アルミなので錆びることはありません。また丈夫なフラットな板です。

消防設備の図面看板

印刷シートを巻き込んで製作されている看板を見かけることもあるます。セリグラフィでも基本この方法で製作しています。
①アルミ複合板の切り口が見えなくなるので見栄えが良くなります。
②切り口でケガすることを防ぎます。
③印刷シートの剥がれを防止できます。
この3点が理由になります。
印刷シートの巻き込み作業にはそれなりの時間がかかります。でもこの作業をするだけで通常よりも長く使用できることもあります。
看板用の糊付き塩ビシートも昔に比べてかなり良くなりました。特にアルミ複合板看板に使う中期用、長期用は信頼できる材料が多いです。
※短期用の安いシートを使ってもあまり意味がありません。短期用はイベントなどで期間限定で使うものです。

こちらで使用している塩ビシートエイブリーデニソンの3000番シリーズです。
中期用の材料になりますが、メーカーでの検査が厳しいためかなりいい材料だと認識しています。3年がメーカーの使用期間になっていますが、実際には3年以上使われているお客様もいます。取り付け場所の環境によっても使用期間は変わるので一概にこれだけ判断はできませんがこちらで製作した看板ですぐにダメになったようなトラブルはありません。

消防設備の図面をアルミ複合板看板にするご依頼も増えております。
長く使えるのが理由だと思っています。あまり気にもならない看板なので長く使えるほどお客様に喜ばれます。

図面データあれば簡単に製作できます。データない場合でも製作はできますが、データ制作に時間がかかりことがありますが製作は可能です。データ代が少しかかります。
ご希望の方はホームページよりお問い合わせください。
https://seri-graphie.com

データ制作はイラストレーターで行っています。写真や紙図面からデータを制作することも多くイラスレーターの基本的な使い方の勉強になります。
忘れていた機能や新しい機能を確認できるので自分にとっては大切な時間です。

連結送水管配置図の看板

連結送水管の図面看板ですが、これも周囲巻き込みで製作しています。

もう一つ材料で大切なものはUVカットラミネートです。
インクの色あせを防止してくれます。これがダメだとすぐに色あせしてしまいます。
色あせ以外に黄色く変色したり、ひび割れを発生させます。
塩ビシートのメーカーには種類に対応したラミネートがあります。これを必ず使います。そのシート用に作られており検査されています。違うメーカーのものは検査されていません。同じメーカーのものを使っていれば何かトラブルがあったときには確認してもらいトラブルの改善にも繋がります。
あとは好みグロスとマットを選ぶことがです。デザインに合わせて選んだりすることが多いです。基本的に料理の写真ではグロスが選ばれることが多いです。
仕様には違いがないので本当に好みで選んで問題ありません。

太陽光発電設備の看板

太陽光発電設備の看板も変更することがほとんどないのでアルミ複合板がよく使われます。この看板はマットラミネートです。光の具合で文字が見えなくなることがほとんどない理由で選ばれています。

最近はシート巻き込みを行っている看板が増えております。
安全性と長く使えることがいいところなので安心感があります。
角の尖りもちょっと緩和されます。

アルミ複合板を選ぶのは3年くらいはデザインを変えずに長く使うときです。
時々極端に低価格なものが存在します。その時は材料のメーカーを聞いて確認することをオススメします。ちょっと価格が高くてもいい材料で製作された看板の方が長い目で見たときにコストは安くなります。
アルミ複合板看板の価格はホームページに掲載しております。
https://seri-graphie.com/al/

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
https://seri-graphie.com/laser/

年々変化のスピードが速くなっていくと思います。変化に対応できるようにしていくことが大切だと感じでおります。色々なことにチャレンジできるよう余裕を持ちたいと思います。

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタに投稿しています。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。