穴補強のハトメ加工した建築許可票ダンプラ看板の製作をしました

外壁、屋根などのリフォーム会社の建築業の許可票看板を厚さ5mmのダンプラで製作

建築許可標と開発行為看板を厚さ3ミリのダンプラ看板の製作です。
使用期間が短い時は厚さ3ミリが使われることがあります。この看板でも3年くらいは使えます。大事なのは看板用糊付塩ビシートです。この材料のグレードによって看板の使用期間は左右されます。
エイブリィデニソンの3000番シリーズを使用しています。中期用となってはいますがそれ以上に使えることが多いです。コスパの良い材料だと思います。

印刷シートを貼るのは最初は難しいと思います。小さなサイズからやってみると上手くできると思います。剥離紙を折り返しながら少しずつ貼って行きます。食器洗い用洗剤を少しいてた水を霧吹きしながら最初は貼ってみるといいかもしれません。
この作業ができるとちょっとした内装のリフォームに役立つかも。DIYが趣味であれば看板も作れると思います。
インスタで検索をしますが製作が上手くです。DIY女子の方々にも驚かされます。

建築許可標や開発行為看板には四隅にハトメ加工をすることが多いです。ハトメ加工は穴の補強になります。フェンスなどにしっかりと固定できます。

看板製作で使用する消耗品はほとんどホームセンターで購入しています。なんでも揃うので便利ところです。

塗料メーカーの無料診断看板を厚さ5mmのダンプラで製作

塗料メーカーさんのPOPパネルを厚さ5ミリのダンプラ看板の製作です。
毎日、ダンプラ看板を製作していましたがようやく終わりが近づいてきました。
まだもう少し残ってはいますが終わりが見えてきています。
ダンプラのカットが大変です。
厚さ5ミリはカッターでカットします。最初は大丈夫ですが、やはり厚さ5ミリのダンプラでも段々と手の握力が落ちて力が入らなくなります。サイズが大きくなると疲れも増します。出来るだけよく切れるようにカッターの刃は綺麗な状態で作業しています。
塗料メーカーさんの依頼のダンプラパネルの次はリフォーム会社さんの建設業の許可看板になります。こちらも厚さ5ミリのダンプラになります。基本的には同じになりますが、ハトメ加工を行います。屋外で取り付け場所がフェンスなどの時はハトメ加工していると便利です。
塗料メーカーさんののダンプラパネルは両面テープで取り付けされています。ダンプラパネルは軽いので取り付けも簡単です。

外壁、屋根などのリフォーム会社の建築業の許可票看板を厚さ5mmのダンプラで製作

リフォーム工事(外壁、屋根など)で使用する建築業の許可票看板を厚さ5ミリのダンプラ看板に穴補強のハトメ加工を行いました。
ポンチやドリルで穴加工をします。今回はダンプラなのでポンチで穴あけしました。アルミ製作のハトメで穴補強をします。ハンマーで叩いて加工しますが、思いっきり叩けばいいものではありません。力を加減しながらダンプラが潰れ過ぎないようにします。またハトメはある程度潰れてしっかり固定されるようにします。なので結構難しくハンマーの叩き方も少しコツがあります。叩いた後に跳ね返らずにハンマーを止めるイメージでするといい感じに出来上がります。

ハトメ加工は穴の補強になるので、フェンスなどに取り付ける時に役に立ちます。ダンプラに穴だけあけて取り付けすると切れてしまうことがあるのでハトメ加工しておくと安心です。

ハトメがはハンマーで叩いてストレス解消できる作業に見えるかもしれませんが、ダンプラにハトメ加工する時は結構繊細な作業になります。ハトメ加工の出来で看板のクォリティーも変わります。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

緊急事態宣言がもうじき解除されますが、まだまだ厳しい状況が続いております。
ワクチン接種が進みイベントなどが開催できるようになることを望んでいます。コロナ前はイベント関係の捨て看板などの製作が多かったのでその他の仕事で何とかやっている状態です。色々と今までしていなかったものを製作してやっていますがなかなか思った以上に難しいです。いいアイデア浮かばないので苦労しています。
今は出来ることをやりながらやっております。
インクジェットでの看板印刷以外にレーザー加工機を使った木製プレートや名札の製作も行っています。

レーザー彫刻してから色入れした木製プレート 上達しました。

木製社名プレート用に製作した黒に塗装したMDFスタンド

社名プレートを立たせるためのMDFスタンドを製作。
お客様からの問い合わせでよく言われるのが「立たせたい」です。
そこでいい感じのスタンドを製作してみました。厚さ5.5ミリのMDFを凹型にレーザーカットします。ちょっと厚みがある方がいいので3枚重ねます。(木工用ボンドで接着です。)
レーザーでカットしても多少の誤差はあるので紙ヤスリで削って平らにしておきます。
ローラーを使って黒色のステインで塗装します。重ね塗りを繰り返して真っ黒になるようにしました。塗って乾燥を3、4回したと思います。どの作業も難しいことはないのですがそれなりに時間はかかりました。
ブラックのスタンドが完成です。杉で製作した社名プレートをこのスタンドで立たせました。会社にサンプルとして飾っています。

MDFをレーザーでカットするのでサイズの変更をできます。立たせたいプレートがあるけどスタンドがない時はご相談ください。

ブラックのスタンドがどんなプレートにも合うように思いました。。スタンドなので主役のプレートを引き立てる無難な感じがいいみたいです。このスタンドは結構気に入っています。

小さい文字に色入れした木製プレート

小さい文字の色入れにチャレンジしてみました。
マイブームのレーザー彫刻色入れ木製プレートです。今回は小さい文字(文章)の色入れです。マスキングテープをしてレーザー彫刻を行います。今までとは違って文字が小さくなっています。漢字も多いので難しいと思っていました。
それでインクの密着をよくするため、シーラーを使いました。シーラーは塗装前の下地を作る塗料です。滲み防止にもなります。
はじめてなのでどの程度塗るのがいいか分からないので多めにしました。もう少し少なく塗ってよかったです。乾燥に時間がかかりました。

シーラーの乾燥が終わったので色入れになります。マスキングテープテープが剥がれないように優しくローラーと筆を使って色入れします。一旦乾燥させてからもう一回色入れします。これでしっかり色が入るので真っ黒です。

マスキングテープ剥がし緊張します。ここで失敗していたら今までの作業が水の泡です。
カス取りは外側の大きい部分から内側の細かい部分を剥がします。大体剥がしたら紙ヤスリで仕上げにかかります。塗料が彫刻部分のフチに固まっているので取り除きます。
丁寧に作業を続けることが大事です。

最後に透明ステインを表面に塗って完成になります。

文字が小さく多いのでカス取りの作業がちょっと大変でした。シーラーを使ったので塗料の密着もよかったと思います。

店内の案内やサインなどオシャレでいい雰囲気のものが出来そうです。赤や青など他の色を使うとまた感じも変わりそうです。

DIYなどで余っている材木から製作出来ます。
ホームセンターでもレーザー加工機が使えるので個人方でも製作できると思います。

白を色入れしたTAKEOUTの木製プレート

白で色入れしたTAKE OUTの木製プレートを製作。
以前は黒で色入れしたものを製作しましたが、今回は練習で白色でやってみました。

文字が白色になるのでヒノキの色をオークのステインで塗りました。3回重ねております。
初めて透明以外のステインを使いました。
色の付き方は木目によって変わってきます。硬いところはあまり吸わないので色があまり出ない感じです。もう少し練習が必要な感じです。

基本的には黒でした時と同じ作業だと思っていました。色入れしたマスキングテープを剥がして軽く紙ヤスリで余分な白の塗料を削ったら少しオークにしたところが削れてしまいました。3回重ねて塗っていたので大事だと思っていましたが木目の硬いところがダメでした。この辺はもう少し考える必要がありそうです。少し削れてところは筆で修正してはいます。

出来上がりには満足しています。あと何回か練習すればもう少し全体的に上手く出来そうな気がします。製作はできるので要相談で仕事する感じです。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
レーザー彫刻の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/laser/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

最近はダンプラ看板の製作依頼が多くインクジェットで糊付き塩ビシートの出力とUVカットラミネート加工を行っています。
ラテックスインクなので材料のダメージも少なく結構長持ちします。

剥がれを防止した印刷シート巻き込みのアルミ複合板看板

太陽光発電設備の看板

太陽光発電設備のアルミ複合板看板です。
月に一回、ご注文があります。
ありがとうございます。感謝です。

最初に看板のフォーマットを制作したので、
テキストで必要な内容を頂いております。
データを制作して念のために確認してから製作にかかります。

アルミ複合板は看板の材料ではメジャーなものになります。また、定番の材料です。

さら長持ちするように印刷シートを周囲巻き込みで仕上げています。

住宅メーカーや入居者募集やテナント募集などの不動産関係の看板でも多く使われています。
他には工事現場、飲食店、デイサービス、連結送水管配置図など多くに使われ代表的な材料です。材料に悩んでいる時、アルミ複合板を進めています。

高等学校紹介の看板

高等学校紹介アルミ複合板看板の製作中です。
シート貼りまで作業が進みました。あと印刷シートの周囲巻き込みをして完成です、

今、使っているラテックスインクジェットも長くなってきました。今のところすごく目立ったトラブルもなく動いています。壊れるまで使うつもりです。
時期的には買い替えだとは思うのですが、今は売り上げも落ちているので難しいです。
この状況を乗り越えてから考えたいと思っています。今のインクジェットも大切に使っているので綺麗に印刷できています。

レーザー加工機で名札やプレートなどを製作もしています。木にレーザー彫刻して色入れのサンプルを製作しています。近日中には完成すると思います。出来上がりましたらホームページで詳細を掲載します。

アルミ複合板は看板の定番の材料です。
飲食店、不動産、工事関係などの色々な看板として使われています。長く使うならアルミ複合板の看板がオススメです。

限られた時間で出来る限りのことはやりたいです。

区画図と写真のある分譲地看板

区画図と写真のある分譲地のアルミ複合板を使って看板の製作です。
発注をして頂いてからなかなかデータ出来上がらず修正を繰り返しました。
納期にあまり余裕がなかったのですが、最終的には超特急で製作することになりました。

こちらのお客様とは付き合いも長くいい関係性が築けております。今回はお客様の無理を受け入れましたが、こちら側の意見を受け入れてもらうこともあります。

お客様だけに限らず材料屋さんとも関係性を大切にしています。
多少価格が高くても関係性があるところから材料を購入するようにしています。
安いところを探す方が大変で時間がかかります。同じ材料の場合はそこまで価格に差はないと思っています。
お互いに助け合える友人関係に近い関係性になれればと思っています。

今回は急ぎの仕事になりましたが、無事に完成しました。急ぎの時ほど余裕を持つように心がけています。急ぎでも製作期間はあるのでギリギリまでに仕上げると思えば余裕ができます。丁寧に仕事も出来るし早く完成することもあります。「急がば回れ」の感じです。

分譲地用の看板も綺麗に仕上がり納期に間に合いました。

アルミ複合板看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/al/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

レーザー加工機を使った木製のプレートなども製作しています。
最近は彫刻後の色入れにハマっています。
ヒノキと杉を使った色入れ木製プレートの製作ができます。