動物病院の名札をヒノキにレーザー彫刻

ヒノキをレーザー彫刻

紙ヤスリで表面を綺麗にして和紙アプリを貼っりレーザー加工機を使ってロゴと名前と役職をレーザー彫刻し周囲をカットします。
名札の彫刻は小さい文字や細い線があるので高解像で彫刻します。
低い解像度で彫刻した方が早いですが掘り具合がイマイチです。
小さい文字は高解像度で彫刻すると綺麗に仕上がります。

和紙アプリ剥がし

彫刻、カット後に汚れ防止に貼っている和紙アプリを針で剥がします。
普通のシャープペンに0.5mmのミシン針を入れたものを使っております。
持ちやすいので正確に貼りを刺すことができます。細かいところは拡大鏡を使ってみるともっと作業が楽になります。
剥がし忘れもあるので仕上げに表面を紙ヤスリで綺麗にします。

保護用のステイン塗り

表、裏と側面に保護用の透明ステイン筆で塗ります。
最初は側面を塗って乾かし、裏面、表面順番で塗っております。
裏、表の面が乾いたら軽くヤスリで綺麗にしてから強力両面テープで安全ピン付きクリップを取り付けます。

ヒノキの木製名札

透明のステインを使っているのでヒノキの風合いを残したままで仕上がります。
小さい文字や細い線も綺麗も綺麗に彫刻できております。
梱包して発送になります。ヒノキの名札は動物病院さまからのご依頼が結構多いです。
今回の名札のサイズは85mm×35mmで規格サイズよりも少し大きめな感じです。

名札の梱包

こちらもレーザーでカットしたダンプラで梱包用のケースを作っております。
このケースに入れておけば安全に運んでもらえます。
7個の名札はネコポスで発送できますので全国一律370円の送料です。
名札のサイズや個数によってはネコポスで発送できないときもあります。

ヒノキのレーザー彫刻名札は飲食店、病院、宿泊施設、イベント用など色々な業種から製作依頼があります。
1個からでもご注文できるので追加注文も安心です。
お祝いのギフトとしてもいいかもしれません。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
名札の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/nafuda/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

A1サイズの宣伝パネルをダンプラで

看板用塩ビシートに印刷

看板用の糊付き塩ビシートにインクジェットで印刷します。
インクジェットなのでイラストや写真などフルカラーの印刷ができます。
シルクスクリーン印刷とは違って色数や種類は気にすることなく対応できます。
小ロットも対応できます。

印刷後にUVカットラミネート加工をします。色あせ防止になります。
ダンプラは屋外でも使える材料です。また厚さ5mmのダンプラ比較的丈夫なので屋外でも安心して使用できます。

ダンプラに看板用シートを貼る

印刷したシートを軽く手作業で簡単に貼ってから40℃くらいの温度にしたラミネート機に通して仕上げます。
軽くしか貼っていないのでラミネート機を通すことでしっかりとダンプラに印刷シートが貼りつきます。これで糊がダンプラに密着することになります。
屋外でも1年以上は大丈夫です。

ダンプラをカッターでカット

厚さ5mmのダンプラはカッターで切れるのでA1サイズにカットして完成になります。一発ではカットできないので数回カッターを通せば貫通します。
力を入れて一回でカットすると定規がずれてまっすぐ切れないことがあります。

ダンプラ宣伝パネル

4種類で10枚のダンプラ看板を製作しました。紙とエアパッキンで梱包して発送します。ダンプラは軽いので10枚で1梱包でも重たくはなりません。
なのでダンプラは持ち運びにも便利です。

価格を抑えて宣伝用のパネルを製作したときはダンプラがおすすめです。
多少表面に凹凸がありますがあまりに気はならないと思います。
店舗前などにちょっとした看板を付けたいならダンプラいいです。
材料も軽いので両面テープも取り付けできます。900mm×1800mm以内であればお好みのサイズに製作できます。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

ダンプラをシルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

工事用のダンプラ看板をシルクスクリーン印刷で製作しております。
簡単な内容のものしかシルクスクリーン印刷はしておりません。
今回は黒1色でサイズも300×350なのでお受けいたしました。
あまり大きいサイズは版がないのでできません。
分割で印刷できる場合はお受けできることもあります。

シルクスクリーン印刷のフィルム

インクジェットで印刷してフィルムを作ります。
文字が多いときはインクジェットでフィルムを作っております。
版に焼くときに黒色でも透けると綺麗に版が出来ないので光で透けないくらいの濃度で黒を印刷しております。通常はバンデルと言われる光を通さない赤いフィルムをカッティングマシンを使って製作します。

シルクスクリーン印刷の版

焼きあがった版になります。黄色い部分からインクが抜けて材料にインクが付きます。
版は大きめのものを使います。均一なテンションで印刷したいので。
枠の周辺は中央くらべてテンションがかかっているので印刷が難しくなります。

ダンプラ看板

印刷後はラックにのせてインクを乾かします。このくらいであれば20~30分でインクは完全に乾きます。文字や線が綺麗に印刷できていないと版から作り直しなります。印刷前にしっかり版を確認しておく必要があります。

シルクスクリーン印刷は同じ内容ものを印刷するには適した印刷方法です。
こちらでは2色印刷までしかお仕事受けてはおりません。
また大きいサイズは版が製作出来ないためお断りしております。
小さいサイズであれば印刷できます。

通常のインクを使っているのでインクはそこまで強くはありませんが、黒インクは結構強いので色あせは問題ないと思います。
その他の色は取り付け場所によって色あせすることもあります。
アルミ複合板に印刷するときは材料も長持ちするのでUVカットラミネート加工をおすすめしております。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/