国産ヒノキをレーザー彫刻して古民家の案内板を製作

国産ヒノキをレーザー彫刻して古民家の案内板を製作

案内板に使用するヒノキは建材としては短くて使えないものを使っています。表面は自動カンナと400板のヤスリで仕上げています。厚さは約6ミリです。指定サイズに先にレーザーカットしました。

カフェの案内板

ヒノキにレーザー彫刻

ヒノキのレーザー彫刻

レーザー彫刻する面に和紙アプリを貼ってから加工します。レーザー彫刻時に発生するヤニで汚れないように貼っています。マスキングテープでも代用出来ます。また、レーザー彫刻後に焼目を付けるため和紙アプリは必要です。歯科診療所のレーザー彫刻
レーザー彫刻時の解像度は基本的に1番高い1000dpiを使用します。彫刻時のエッジ部分の仕上がりがいいからです。また、小さい文字の彫刻も綺麗です。解像度が高いと加工時間が長くなります。

レーザー彫刻後の焼目付け

レーザー加工焼目付け

レーザー彫刻だけでも文字は読めるので問題はありません。ヒノキの名札を製作する時は彫刻のみです。文字が小さいので焼目が付けにくいのも理由です。
病院(内科)、ネイルサロン、整骨院の名札を製作

焼目を付けると焼印のように焦げた色になります。文字もハッキリと見えるので案内板のようなサインには適しています。
レーザー彫刻で焼目を付けるにはレーザーの焦点を意図的にズラして加工します。焦点がズレるので彫刻された部分以外にもレーザーが当たってしまいます。
この時に和紙アプリがあれば保護されるので彫刻された部分にだけ焼目が付きます。
カフェのレーザー彫刻
レーザー加工によって設定は違うと思いますが、解像度は600dpiでレーザー出力は彫刻時の倍くらいで行っています。焦点ズラしは12ミリ程度にしています。10〜15ミリくらい焦点がズレれば焼目は付くと思います。
材木の種類によって焦げやすさに違いがあります。今回はヒノキの設定です。

水性ステインで仕上げ

水性の透明ステイン塗り

レーザー加工が終わったら和紙アプリを剥がして水性の透明ステインを塗って仕上げます。サンデーペイントの屋内外用の水性ステインを使っています。
屋外用でもありますが、木製看板は屋外ではあまり長持ちしないのでオススメは出来ません屋外でも雨や日光をある程度避けれる場所であれば使用はできます
また、焼目も日光が当たると薄くなっていくので屋外の場合は黒色を付けた方が長持ちします。
ヒノキをレーザー彫刻した案内板
水性ステインは全面に塗っております。ステインには撥水や防カビや防腐などの効果あります。少しでも長く使って頂けるようにしています。
透明ステインなので自然な感じに仕上がり天然木雰囲気あるプレートになります。
歯科診療所の案内板

完成した案内板は東京の東久留米に発送しました。

ヒノキのレーザー彫刻参考価格

300×100 1枚 2500円(税別)
レーザー彫刻、焼目付け、水性ステイン仕上げ
ホームページに価格や詳細を掲載しています。ご興味がありましたらアクセスして下さい。お見積りする場合はサイズと製作枚数をご連絡お願いします。送料も発生しますので発送先住所を教えて頂けると助かります。
ネームプレート・サインプレート製作

インクジェット印刷での看板製作

レーザー加工以外でもインクジェット印刷で看板の製作を行っています。捨て看板、アルミ複合板看板、ポスター、ステッカーなど色々と製作しております。お時間がある方はアクセスして頂けると嬉しいです。
福岡の看板・プレート印刷

 質問、見積り、製作依頼などお気軽にお問合せ下さい。

レーザー彫刻後に色入れしたアクリル名札

レーザー彫刻後に色入れしたアクリル名札

色入れとは彫刻した部分に色を付けることです。色差しとも言われます。
アクリルをレーザー彫刻し色付けて名札を製作します。

レーザ彫刻色入れアクリル名札

アクリルのレーザー彫刻

アクリルのレーザー彫刻

キャスト版の白色のアクリルを使います。後から溶剤を使うので必ずキャスト版を使います。色入れを行うので少し深めに彫っておくと色入れ後の拭き取りの時に楽になります。
アクリルにはキャスト版と押出し版の2種類あります。見た目は同じですが特徴が違います。レーザー彫刻にはキャスト版の方が使い勝手いいです。
今回は厚さ5ミリのアクリル使用しています。レーザー彫刻する面には和紙アプリを貼っています。この工程はする人としない人がいます。少しでもクオリティを高いものにしたいので行っています。材料によってはかなりクオリティが変わることもあります。

レーザー彫刻部分に色入れ

アクリルに臙脂色を色入れ

色入れする時は和紙アプリを剥がさずに作業したます。材料がアクリルなので剥がしても作業しても大丈夫です。貼っておくと後で行う拭き取りの時にはみ出した塗料が減るので拭き取り回数が少なくなります。
色入れは黒と臙脂なので薄い色の臙脂からします。塗料は水性の多用途を使っています。関西ペイントのハピオカラーです。色数も豊富でニオイはほとんどなく屋内外で使えるのからです。
今回はアクリルに使っていますが、木にも使えます。
ロゴマークが臙脂なので筆で塗料をペタペタと塗ります。はみ出しても問題ありません。一回適当に塗ったらウエスで軽く叩くように無駄な塗料を取り除きます。しばらく乾燥させてまた同じように塗ります。これを数回繰り返すとレーザー彫刻部分に完全に色が付きます。
臙脂が触っても手に色が付かなくなったら黒の色入れ作業です。臙脂を塗ったロゴマークにはマスキングテープを貼ります。後は臙脂の時と同じように黒色塗っては乾燥を繰り返し行います。

アクリルに黒色を色入れ

黒色が手に付かないくらいに乾燥したらマスキングテープと和紙アプリを剥がします。剥がしにくい所は針を使って剥がします。メガネタイプのルーペを使うとさらに剥がしやすくなります。
ミシン針はシャープペンに入るので持ちやすくなって便利です。

色入れアクリル名札の完成

アクリル名札

マスキングテープなどを剥がしたら最後に溶剤をウエスに少し付けて軽く拭いたら余分な塗料が取れます。レーザー彫刻の彫りが浅いと彫刻部分に付いた色が取れてしまうことがあります。黒の塗料が臙脂につかないようにします。
溶剤は塗料が取れてアクリルが溶けないものであれば何でも大丈夫です。シルクスクリーン印刷で使うインクの溶かす溶剤を使っていますが、シンナーやアルコールでもできます。
拭き取り作業はやり過ぎに注意して下さい。拭き取り時に力が入らないように軽く行います。この感覚が分かると色入れの仕上がりが良くなります。ちょっとだけ残っている塗料は先の細い綿棒を使うといいです。
綺麗なウエスで塗料がほとんど取れなくなるまでやったら名札プレートの完成です。裏面にクリップを付けるだけです。
完成後は高知県高知市に発送しました。

アクリル色入れ名札の参考価格

60×30 2色 1個 2000円(税別)
細かい調色は行っていません。なんとく近い色になります。
ホームページには価格は記載していませんので、ご興味がありましたら別途お見積り致します。ホームページにはアクリルと木製名札の価格と詳細を掲載しています。アクリルと木製名札の価格と詳細

インクジェット印刷での看板製作

レーザー加工以外でもインクジェット印刷で看板の製作を行っています。捨て看板、アルミ複合板看板、ポスター、ステッカーなど色々と製作しております。お時間がある方はアクセスして頂けると嬉しいです。
福岡の看板・プレート印刷

 質問、見積り、製作依頼などお気軽にお問合せ下さい。

建築許可票の製作以外でもダンプラは看板の材料として使われています

ダンプラ(プラダン)看板の製作方法

ダンプラは段ボールに似た形状で空洞がある樹脂で作られた板の材料です。プラダンとも呼ばれています。厚さは色々がありますがこちらでは3ミリと5ミリを使っています。軽くて屋内外で使用できます。表面に少し凹凸があるのが特徴です。

厚さ3ミリは短期用で工事期間の短いものや短期イベントで使われます。厚さ5ミリはしっかりしているのである程度工事期間あるときの建築許可票や商品紹介看板とし使われます。こういった使い方をされる方にはオススメの材料になります。

アルミ複合板で看板を製作すると丈夫で長持ちします。なので価格も高くなります。ここまで必要ないときにダンプラを選ぶとコスト抑えられます。使い方に合わせ材料を選ぶことが重要になります。

無料サンプルの製作も行っておます。ダンプラ看板を知りたい方や実物を見たい方は「ダンプラ看板の無料サンプル希望」とメール」して頂けると助かります。

ダンプラ看板の製作工程

セリグラフィでのダンプラ看板の製作工程になります。

看板用糊付き塩ビシートをインクジェット出力

看板用塩ビシートに印刷

看板の製作方法は糊付き塩ビシートにインクジェットで印刷します。建築許可票は黒1色が多いですがインクジェットなのでイラストや写真などフルカラーの印刷でも問題ありません。
シルクスクリーン印刷とは違って色数や種類は気にすることなく対応できます。
小ロットも対応できるのが強みです。色数が2色以内でデザインが同じものであればシルクスクリーン印刷で対応することもあります。

印刷後にUVカットラミネート加工をします。色あせ防止になります。ラミネート加工はグロス(艶有)とマット(艶無)から選択できるようになっております。
厚さ5mmのダンプラは結構丈夫なので屋外でも安心して使用できます。

ダンプラにシート貼り

ダンプラに看板用シートを貼る

印刷したシートを軽く手作業で簡単に貼ってから40℃くらいの温度にしたラミネート機に通して仕上げます。軽くしか貼っていないのでラミネート機を通すことでしっかりとダンプラに印刷シートが貼りつきます。これで糊がダンプラに密着することになります。シート貼りがあまいと剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。塩ビシートも短期用ではなく中期用をしています。安価な材料で製作するよりも長く使えるようにそれなりにいい材料を使用しております。屋外でも1年以上は大丈夫です。

ダンプラのカット

ダンプラをカッターでカット

厚さ5mmのダンプラでもカッターで切れます。今回はA1サイズにカットして完成になります。一発ではカットできるほどの材料ではないので数回カッターを通して切ります。力を入れて一回でカットすると定規がずれてまっすぐ切れないことがあります。

ダンプラ看板の完成

ダンプラ宣伝パネル

4種類で10枚のダンプラ看板を製作しました。紙とエアパッキンで梱包して発送します。ダンプラは軽いので10枚で1梱包でも重たくはなりません。なのでダンプラは持ち運びにも便利です。屋内での使用であれば両面テープでも取り付け可能です。
ダンプラ看板の価格は下記のホームページ掲載しております。
ダンプラ看板の料金

今までにダンプラで製作した看板は屋外イベントの案内や告知の看板や店舗のオープニング看板や穴補強のハトメ加工をした足場の看板などがあります。戸建住宅やマンションやアパートの工事用看板が一番多く製作しております。
穴あけだけでは切れたりすることがあるので穴あけしたときはハトメ加工まですることが大切です。これでフェンスや足場に看板を結束バンドでしっかり固定できるので安心できます。

価格を抑えて宣伝用のパネルを製作したときはダンプラがおすすめです。
多少表面に凹凸がありますがあまりに気はならないと思います。
店舗前などにちょっとした看板を付けたいならダンプラいいです。
材料も軽いので両面テープも取り付けできます。900mm×1800mm以内であればお好みのサイズに製作できます。

インクジェットはラテックスインクを使用しているので塩ビシートの糊にダメージを与えることがほとんどなく性能を最大限に引き出してくれます。屋外でも3~5年程度は色あせの心配はありません。

厚さ5㎜のダンプラ看板の参考価格

  • 600×900 1枚 4500円(税別)
  • 450×600 1枚 3100円(税別)
  • 900×1800 1枚 9000円(税別)

規格サイズの価格はホームページに掲載しております。製作枚数が増えると単価は下がります。インクジェット出力なので何種類でも構いません。合計枚数で価格は決まります。
納期は10日以内に発送になりますが、製作枚数によって変わります。
希望納期のある方は事前にご連絡して頂けると助かります。送料はホームページに掲載しております。詳しくはお問合せしてください。
※UVカットラミネート加工込みの価格になっております。ラミネート加工は艶有又は艶無から選べます。見た目の違いで性能に違いはありません。
穴あけが必要な場合は+50円(税別)で四隅にハトメ加工して行います。

ダンプラはメーカーに注文して入荷するまでに少し時間がかかります。短納期の場合には対応できないこともあります。910ミリ×1820ミリの大きさ10枚程度は在庫しています。

最後にデータについてですが、イラストレーターのデータをお持ちの方はメールに添付または転送サイトから送ってください。データをお持ちでない方はデザインに入れたい内容や写真やイラストをメールお願いします。手書きの原稿からでもデータの製作は致します。基本的に無料でデータの制作は行っておりますが、制作に時間がかかる場合は別途データ制作費と頂くことがあります。この場合は事前にご連絡致します。


凹凸がどうしても気になる方はアルミ複合板での看板製作いいと思います。
アルミ複合板を選ぶ理由の記事になります。
https://seri-graphie.com/blog/2021/07/16/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
福岡の看板・プレート印刷

インスタにも投稿しております。seri-graphieで検索してください。
フォローして頂けると励みになります。

セリグラフィではインクジェットで看板の印刷を中心に行っていますが、レーザー加工機を使ったプレートの製作もしています。
アクリルの加工も行いますが主に木に彫刻をしており、社名プレートや名札を多く製作しています。彫刻後に色入れも行っています。
詳細はホームページで確認してくだい。
福岡のレーザー加工

インクジェット出力でターポリン、塩ビシート、ダンプラ看板を製作

ターポリンビニール看板の製作

住宅メーカーのハトメ加工をしたターポリン看板

ハトメ加工をした住宅メーカーのターポリン看板

短期に使う看板になります。拡大するデータがJPGなのでA1サイズになるとギザギザになります。お客様の了承を得て出力しています。周囲にハトメ加工をするので20ミリくらいの余白をとっています。
短期的に使うので周囲の縫製はなく切りっぱなしです。このままでハトメ加工もできますがさすがに強度が弱いので裏面に当て布をして少し強度をあげています。
ターポリンは丈夫な材料になりますがUVカットラミネート加工ができないためインクの色あせが早くに起こります。
無駄に多く製作せずに必要な枚数だけ製作すれば広告費のコストは抑えられます。
ただあまりコストを抑え過ぎて安っぽくなり過ぎると広告の意味がないように思います。

ターポリンビニール看板の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

人形メーカーさんの糊付き塩ビシート看板出力

人形メーカーの糊付き塩ビシート看板出力

糊付塩ビシートのインクジェット出力です。
ほぼ写真データです。ちょっと急ぎの仕事であまり納期に余裕がありません。
こちらのラテックスインクジェットはスピードが遅いです。こんな時はもう少し印刷の早い機械がと思います。
25メートル弱出力してラミネート加工です。これを2日で行いました。この他にターポリンの出力もあったのでちょっとバタバタした感じになりました。
あとはカットして梱包です。施工は山梨県の看板屋さんが行います。緊急事態宣言があけて少し仕事が動き出した感じがします。たまたま仕事が重なっただけの気のせいの可能性もあります。

この後、賃貸用の入居者募集ユポ紙ポスターが決まったのでこちらの出力をしていきます。ノンコートのユポ紙です。材料はかなり低価格。600ミリ×900ミリを100枚印刷します。

糊付塩ビシートの出力だけも行っています。
https://seri-graphie.com

塗料メーカーさんのダンプラ看板

塗料メーカーのダンプラ看板

いつもご依頼がある塗料メーカーさんからの注文です。

ダンプラは表面が真っ平らではなく少し凹凸があります。印刷シートを貼る時は凹みに押し込めが足りないと綺麗に貼り付きません。
仕上げにラミネート機に通してしっかり押し込んでいます。
フラットな材料が好きな方はちょっと好きになれないと思います。

ダンプラは軽くて低コストなところがいいところです。屋外でも使えます。
かなり使い勝手のいい材料でもあります。
短期的な使用やイベントなどで繰り返し使う時によく使われます。工事現場でもよく使われております。

塗料メーカーさんは展示用のパネルとして使われています。

表面の凹凸も少しなのでパネルを見る人もそこまで気にはならないと個人的には思っています。
フラットな材料が好きな時はアルミ複合板やポリセームやCPパネルを使われるとです。

材料にはそれぞれ特徴があるので好みや使い方に合わせて選ばれるとイメージに合ったパネルが出来上がります。

ダンプラ看板の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

熱海で豪雨災害がありました。九州も豪雨の災害があるので心が痛いです。
こういった災害はいつ発生するか分からないのでもしもの備えが必要だと思います。
またコロナの影響もあるので避難先でも対策が必要だったりします。
先日、ワクチン接種の券が届いたのでこういった時にことも考え早めに接種したいと思います。予約が出来次第、ワクチン接種をしたいと思います。

最低の2020年、脱最低2021年を目標に

2020年は過去最低の売り上げで終わりました。
2019年は後半から売り上げも上がっていい感じで1年を締めくくることができ、2021年は更によくなる感じだと思って終わりました。

1〜3月は黒字でいい感じではじまったので少し期待しておりました。
3月から新型コロナウイルスの影響が少し出てきますが売り上げも少し落ちていましたがあまり気にしていませんでした。
4月からは売り上げは落ち、緊急事態宣言になっていきます。

ここからはイベント関連の仕事がなくなっていきました。
緊急事態宣言中は不動産と工事関連の仕事を中心に行いました。
4月.5月.6月は30%減くらいの売り上げになりました。
全体の仕事の三割くらいがイベント関連の仕事です。

7月くらいから他の仕事も少しずつ減っていきました。
個人相手の仕事「BtoC」を増やすようにSNSやはブログでの投稿を増やしていきました。簡単には増えませんでしたが多少は増えてきている感じもします。
受注生産での仕事なので趣味で使えれるものであれば注文があります。
ネームプレートやステッカーや名入れみたいなものです。

8月から11月までは利益でいうとちょっとマイナスの感じが続きました。
ただ、この時期は持続化給付金があったので今までのマイナスを補填できた感じです。
手続きも大変たっだものもありましたが、時間のある状況だったので何とか自分だけでできました。手続きもよく内容を読めば分からなくもありません。

12月は比較的忙しい状況になっていました。色々とイベントの仕事もあったので。
ただ、後半からは新型コロナウイルスの感染者も増え状況が変わっていきました。
毎年年末には年始の仕事もするのですが、保留から中止になってしまいました。
年末には緊急事態宣言が再度出され年明け分の仕事はなくなりました。

2020年は東京オリンピックと重なってイメージではかなり忙しく売り上げも上がる予定でしたが、大きく変化して最低の1年になってしまいました。
ただ、悪いことばかりではなくいいことも多少はありました。多くの取引先様からこのような時でも仕事を頂いたことは事実です。
おそらく探せばもっと安く製作してくれるところはあったと思います。
本当に感謝しております。

悪い年ではありましたが、このような経験を出来ることはあまりないので見直しもできました。業種を絞らず出来るだけ幅広く仕事をしているつもりでしたがまだまだ足りなく感じております。多くの人たちの仕事ができるように知識を増やす必要があります。

ワクチン接種がはじまっておりますが、おそらく2021年中は新型コロナウイルスの影響は続くと思っております。もしかすると来年も続くかもしれません。正直どうようなになっていくかは未知の状態です。このような環境でも継続できる状態にはしたいと思っております。

最近はマスクをつけて出かけることに慣れてきましたが、取引先の方や知人をみかけてもみんなマスクをしているので声をかけるのをためらうことがあります。
本人かどうか分かるまでにちょっと時間がかかります。無視はできない性格なのでどうにかして欲しいです。

インスタグラムでも投稿しておりますのでお時間のある方は見て頂けると嬉しいです。
「#seri_graphie」で検索してみてください。Facebookもしています。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/