新規住宅のこの先右折のダンプラ看板を製作 ハトメ加工付き

住宅メーカーさんの新規戸建看板を製作

新規住宅のダンプラ看板を製作中

ダンプラ看板を製作している最中です。
福岡の住宅メーカーさんからのご依頼です。
いつも取り引きをさせて頂いているお客様で大体はは見積り、稟議で少し時間があるのですがすぐに決まって出来るだけ早い納期を希望されました。
今、入居者募集ポスターの両面テープ貼りが終わりかけていましたが、急遽出力の準備にかかりました。
印刷用のデータを作り、インクジェットにメディアをセットして、ヘッドの掃除などしているとすぐに時間は経ってしまいます。

出力は濃紺のベタがあるのでインクがしっかり乾燥するように注意して出力をしました。
2メートル弱の出力なのでそこまで時間はかかりませんが、急ぎの時に限ってミスすることが多いです。こんな時こそ落ち着いて仕事するように言い聞かせています。
無事にミスもなく出力が終わりUVカットマットラミネート加工を行います。ラミネートは印刷と比べるとスピードが早いのですぐにに終わります。
ラミネートが終わったら厚さ5ミリのダンプラに貼っていきます。手貼りしてからラミネート機で再圧着します。これをすることでダンプラの表面の凹凸にしっかり糊がつきます。

後はカット、ハトメ加工して完成になります。

ダンプラ看板製作の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

新規住宅の看板を製作

新規住宅のダンプラ看板マットラミネート加工

ダンプラ看板の製作です。
この先右折の看板になります。マットラミネート加工で光の反射を軽減してくれどの角度からでも見やすくなっています。使用期間は未定です。売れるまでが使用期間になります。そのためある程度使えてコストがあまりかからないように今回はダンプラの厚さ5ミリを選びました。通常はアルミ複合板を使って製作することが多いです。
また、穴の補強のためハトメ加工もしています。それでも台風や強風の時は外した方が安全です。

材料選びはお客様から使用方法や期間を聞いて選んでいます。予算もあれば参考にしています。

サイズは800ミリ×1200ミリと800ミリ×800ミリの2種類で各1枚の製作でした。

ダンプラは屋内外で使用されています。
表面に凹凸があるので見た目でダメな方にはオススメ出来ませんが気にされない方にはいい材料になります。
工事現場やイベントや展示会のPOPなどで使われております。軽いため屋内では両面テープでの取り付けを可能です。

興味のある方は一度使われてみるのが一番です。

ダンプラ看板の詳細はホームページに掲載しております。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

インスタにも投稿しています。seri-graphieで検索してください。

現在、仕事が混み合っていて日曜日も午前中だけ会社にでました。
梱包やシルクスクリーン印刷の版を準備しました。
まだ、いくつか仕事が残っていますがそれなりに追いつきました。
7月は少し仕事が増えております。東京は4回目の緊急事態宣言ですが今のところ影響はないようです。これらかはどうなるか分かりません。
今日からは塗料メーカーさんのダンプラ看板を製作です。結構量があるのでコツコツと製作していきます。
駐輪場のステッカー、木製名札、賃貸のアルミ複合板看板の製作も残っているので早めに終わらせたいと思います。どれも小ロットなのでそこまで時間はかからいと思っています。