コーヒー豆ステッカー、イベント捨て看板、作品名木製プレートを製作

作品名木製プレートを製作

レーザー彫刻色入れの作品名木製プレート

杉を使ったレーザー彫刻木製プレートです。
厚さ15ミリの杉の板をカットして紙ヤスリで仕上げたものを使っています。

明朝体の文字に色入れをしましたが、彫刻した線が細くなかなか色が入りませんでした。結構細い筆を使って少しずつ色入れしました。色入れを乾燥も2回繰り返しました。
2回する事で綺麗に色が入ります。
マスキングテープを剥がして紙ヤスリで固まった余分な塗料を削ります。仕上げは透明のステインを塗りました。
自立するようにMDFでスタンドを製作しています。

今回は「文化勲章受章」した作品な木製プレートを製作しました。
特別なものに他とは違うプレートを準備することはいい事だと思います。注目のされ方も変わってくるはずです。
自分でも今回のプレートはかなりいいものが出来ました。機会があればお客様に提案してみたいと思います。

杉とヒノキを在庫しています。材木屋さんで建材には使えないものも仕入れ使っています。材木も大切な資源なので大事に使っています。

レーザー彫刻の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

コーヒー豆の銘柄ステッカーを製作

珈琲店の豆の銘柄ステッカー

角丸ステッカーの製作です。
看板の材料を使って製作するステッカーは防水タイプになります。屋外でも使えます。車、バイク、自転車などOKです。
一番の特徴は再剥離の糊になります。貼ったステッカーを剥がしたい時にほとんど糊が残らず剥がせます。
今回、製作したコーヒー豆の銘柄ステッカーも同じ仕様です。綺麗に剥がせます。それとこのステッカーは糊がいいので繰り返し使うこともできます。コーヒー豆の袋のまま使う方は封する時に貼っておくと便利です。

ステッカーはカッティングマシンで輪郭カットするので小ロットでも丸や角丸だけでなく色々なカタチにカットできます。ラミネート加工もグロスとマットから選択できます。

オリジナルのステッカーを作りたい方にはオススメです。看板の材料で製作しているので長持ちします。結構立派なステッカーです。

ステッカーの詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

自転車イベントの看板を製作

自転車イベントの捨て看板

ターポリン捨て看板の製作です。
捨て看板に使うのは軽量ターポリンです。
裏面がグレーになっています。透けないようになっております。

通常サイズの400ミリ幅になります。高さは1500ミリで脚の長さが300ミリです。
インクジェットで出力したターポリンをタッカーで15ミリ角の杉の木枠にとめて製作しております。

今回は以前使っていた看板が壊れたとのことで急遽捨て看板の製作をご依頼されました。木枠は在庫していますのである程度の本数は対応可能です。

捨て看板は簡易的な看板になりますが、ある程度は繰り返し使用できます。
屋外イベントなどの案内などでも使われています。生地にターポリンを使っているので汚れた時は水拭きできます。

案内看板はあると便利なので必要な時は捨て看板で製作するとコストを抑えることが出来ます。

コロナの影響でイベントは少なくなっていますが、ワクチン接種が進むとまた増えてくると思います。木枠も400ミリ幅、600ミリ幅、850ミリ幅を規格サイズとして在庫しています。3種類のサイズから使い勝手のいいものを選べます。

捨て看板の詳細はホームページに掲載しています。
https://seri-graphie.com

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

作業をしながら見積りを5件しています。
全部決まってくれるとかなり忙しくなりますが実際はどうなるか分かりません。
材料やインクの在庫状況を確認して結果を待っています。
同時に決まるよりか少しずつでも発注のタイミングが変わると助かります。
決まることを前提に今製作しているものを早めに終わらせて次に備えたいと思います。
ものづくりは楽しいですが、時間に追われて雑にならないように丁寧に作業を進めています。

持っていると便利な自社のステッカー 色々なもの貼って使えます

コーヒー屋さんのステッカー

看板用の糊付き塩ビシートでステッカーを作っています。
インクジェットで印刷するので小ロットで作れます。最低ロットもないので必要な枚数だけ注文できます。無駄を減らすことはコスト削減になると思います。

輪郭カット前のステッカー

インクジェット印刷しラミネート加工をした状態です。
四隅の黒いL字のラインは輪郭カットに使うトンボ(目印)になります。
このトンボがないとカッティングマシンで輪郭カットできません。このトンボも小さすぎるセンサーが読み込みができないこともあるので8mm以上のトンボを印刷しています。

カッティングマシンで輪郭カットする

カッティングマシンでL字のライン読み取って輪郭をカットしていきます。
このL字のラインが読み込めませんと綺麗に輪郭カットできません。重要なラインになります。A4サイズくらいで輪郭カットしているのでトンボは3点読み込みで正確にカットできます。大きいサイズを輪郭カットするときはテ4点読み込みでカットします。

角丸の社名ロゴ入りステッカー

出来上がりはこんな感じです。このステッカーは荷物を発送するときに貼って使っています。もし運送上で何かあったときも目印になるので探してもらうときに役に立つこともあります。

まとめて輪郭カットもできる

ちょっと枚数が多いときはまとめカットすることもできます。
シートをちゃんとセットできればあとは自動でどんどんカットしてくれます。
機械が動いてるときは見てても飽きないので暇ときはジーっと見てます。
忙しいときは時間がもったいないので他の仕事をしてますよ。

カット後のカス取り

輪郭カットした後は適当に切り分けして余分なところを剥がします。
今回は9枚で1セットにしておりますが、1枚ごとでも可能です。
カス取りしておくと使いやすいです。段々と刃の切れ味が悪くなるのでちょっと刃にかかる圧を調整します。切れ味が本当に悪くなったりすると線を付けている状態になるのでカス取りできず無駄にしてしますので定期的に設定を確認するようにしております。

角丸の社名ロゴ入りステッカー

看板用の材料で製作されたステッカーは糊がしっかりしているので屋外でも長く使えます。こちらでは再剝離糊の塩ビシートを使っているので剥がしたときに糊残りがほとんどありません。
個人的にはステッカーは糊が重要だと思っています。
ステッカーは剥がれないのも糊の粘着が弱いのも使いにくいので好きではありません。
看板用の再剝離の糊は結構優秀でしっかり貼れるけど綺麗に剥がれます。
また、屋外でも十分使えるので車やバイクや自転車に貼っても問題ありません。

自社のステッカーは持っていると便利でなのでおススメです。
既製品などに貼ってちょっとオリジナル感を出すこともできます。
デザインがよければスマフォに貼ったりしてもいいかもしれません。
いろんな場所に貼って楽しめます。

インクジェットで印刷しているので1枚からも製作できます。
サイズに決まりもないので自由なサイズでステッカーを作れます。
輪郭カットも角丸だけではなく円形や変形した輪郭でもカットできます。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ステッカーの詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/sticker/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/