レーザー彫刻で八女熟杉を御朱印帳の表紙に加工

レーザー彫刻で八女熟杉を御朱印帳の表紙に加工

八女熟杉を使った御朱印帳表紙作りです。2回目のサンプル製作になります。木目が複雑なものと単純なもので製作します。完成した雰囲気を見るためです。天然木を使うので木目の違いがあるので仕上がり具合を確認します。
天然木使った御朱印帳をみたことはありますか?

自動カンナで厚みと表面の加工

自動カンナで表面仕上げ

自動カンナで八女熟杉の表面を綺麗に仕上げ厚みを7ミリ位にします。8ミリ以下の厚さになれば御朱印帳が出来上がった時に厚みが30ミリ以下になり送料が全国一律になります。大切なことでお手頃な価格で届けるためです。
ドンドン削っていくので木屑の処理がたいへんです。

表紙サイズにカット

レーザー加工機でカットすると誤差がほぼなく正確に出来上がります。レーザーカットなので切り口は少し焼目が付き茶色くなります。これもアクセントになっていい感じです。丸鋸でもカットはできますが、ちょっと欠けたりすることもあり精度も安定しないのでレーザーカットすることにしました。

表紙にレーザー彫刻

レーザーカットした八女熟杉に和紙アプリを貼ってレーザー彫刻を行います。小さい文字や細いラインが少しありますが問題になるほどではないです。
レーザー彫刻する向きによっても加工時間が変わってきます。この向きの方が加工時間が短くなります。

裏面のレーザー彫刻

御朱印帳の表紙の裏
裏面には「八女熟杉」と「金之助」のロゴをレーザー彫刻。裏面も同じ向きで彫刻しています。「JUKU」のアルファベットは小さいですが、綺麗に彫刻出来ております。

レーザー彫刻した文字に焼目を付ける

レーザー彫刻だけだと文字も読めて問題はないのですが、焼印みたいに茶色くなった方が刻印みたいになってカッコよくさらに文字も読みやすいです。

ここで和紙アプリを貼っていないと綺麗には仕上がりません。レーザーの焦点をズラして加工するためボケた感じに仕上がりますが、和紙アプリを剥がすと綺麗になっています。

裏面のレーザー彫刻

御朱印帳の表紙の裏 焼目付け
裏面のロゴにも焼目を付けています。

和紙アプリを剥がします。細かな部分は針を使いますが、最後に紙ヤスリで表面を綺麗に仕上げるのでその時に小さい和紙アプリの残りは取れます。歯ブラシとエアーで木の粉を取り除くと完成になります。

御朱印帳の表紙が完成

御朱印帳

中身の和紙は「金之助商店」を運営されている有限会社櫂歌書房さんで加工して頂きました。出来上がると嬉しいです。レーザーカットしている周囲も茶色くなっておりいい感じです。

八女熟杉の御朱印帳

表紙の木目の違い

木目が違う御朱印帳

今回製作した木目はどちらもいい感じです。好みはあると思いますが、無垢材の自然な感じがいいです。個人的には木目の少ない方がシンプルで好きです。
この御朱印帳は最初クラウドファンディングで販売するため、木目を選ぶことはできません。天然木の木目を楽しんで頂けると思います。
この八女熟杉を使った御朱印帳はクラウドファンディング(makuake)します。
2022年9月14日公開で2022年10月30日終了です。

2022年10月30日188%の目標達成で無事に終了致しました。
応援して下さった皆様に感謝致します。

八女熟杉の「御朱印帳」「御城印帳」を職人が製本
日本産八女杉の美しさをお届け

https://www.makuake.com/project/yamesugi_gosyuin/

共同で製作している「金之助」さんは楽天市場で御朱印帳を販売しています。オリジナルの木製御朱印帳製作にご興味がありましたらご相談して下さい。
楽天市場金之助商店

投稿者: SERIGRAPHIE

捨て看板やアルミ複合板看板の製作とポスターやステッカーなどをインクジェットで印刷します。 レーザー加工機で木とアクリルを彫刻して社名プレートや名札を製作しています。それと画用紙に写真を彫刻して切り絵にしております。 ダンプラ、ポリセームにシルクスクリーン印刷します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です