レーザー加工でキャスト版のアクリルを使う理由

ホテルのサインをアクリルで製作しました。

エレベーターのサインです。
キャスト版のアクリルを裏面からレーザーで彫刻しております。
彫刻部分の文字が白くなり読みやすくなります。

部屋番号も同じように裏面から彫刻しております。

レーザー加工でキャスト版のアクリルを使用するのは、
彫刻部分が白くなることともう一つ理由があります。
アルコールが含まれたもので拭いた場合、押出のアクリルはクラック(ヒビ)が入ることがあります。
キャスト版はクラックが入らないため、サインに使用して安心して使えます。

今回は厚い15mmのキャスト版のアクリルを使用したので、
周囲の加工はレーザーカットしておりませんが、
レーザー彫刻やレーザーカットした押出アクリルはアルコールや溶剤が含まれたもので拭くとクラックができるので、注意が必要です。

アクリルの加工や彫刻について別途お見積りしております。
https://seri-graphie.com/laser/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/