ダンプラをシルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

工事用のダンプラ看板をシルクスクリーン印刷で製作しております。
簡単な内容のものしかシルクスクリーン印刷はしておりません。
今回は黒1色でサイズも300×350なのでお受けいたしました。
あまり大きいサイズは版がないのでできません。
分割で印刷できる場合はお受けできることもあります。

シルクスクリーン印刷のフィルム

インクジェットで印刷してフィルムを作ります。
文字が多いときはインクジェットでフィルムを作っております。
版に焼くときに黒色でも透けると綺麗に版が出来ないので光で透けないくらいの濃度で黒を印刷しております。通常はバンデルと言われる光を通さない赤いフィルムをカッティングマシンを使って製作します。

シルクスクリーン印刷の版

焼きあがった版になります。黄色い部分からインクが抜けて材料にインクが付きます。
版は大きめのものを使います。均一なテンションで印刷したいので。
枠の周辺は中央くらべてテンションがかかっているので印刷が難しくなります。

ダンプラ看板

印刷後はラックにのせてインクを乾かします。このくらいであれば20~30分でインクは完全に乾きます。文字や線が綺麗に印刷できていないと版から作り直しなります。印刷前にしっかり版を確認しておく必要があります。

シルクスクリーン印刷は同じ内容ものを印刷するには適した印刷方法です。
こちらでは2色印刷までしかお仕事受けてはおりません。
また大きいサイズは版が製作出来ないためお断りしております。
小さいサイズであれば印刷できます。

通常のインクを使っているのでインクはそこまで強くはありませんが、黒インクは結構強いので色あせは問題ないと思います。
その他の色は取り付け場所によって色あせすることもあります。
アルミ複合板に印刷するときは材料も長持ちするのでUVカットラミネート加工をおすすめしております。

お問い合わせは下記のホームページにメールアドレスを掲載しております。
ダンプラ看板の詳細は下記のホームページ掲載しております。
https://seri-graphie.com/danpura/index.html

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

週一程度のシルクスクリーン印刷

年々仕事が減ってきているシルクスクリーン印刷の仕事です。

フィルムのカス取り

最近はインクジェットフィルムを製作するのが主流と思いますが、
データが簡単な時はこの赤いフィルムを使ってシルクスクリーンの版を製作しております。
このフィルムはカッティングマシンでカットして印刷に必要な部分だけを残します。

版に焼き付け

準備していた版にフィルム焼き付けてしております。
赤色の残った部分が光を通さないので、この部分がインクを通すようになります。
この版には事前に焼けるとインクを通さない液体を塗って準備しております。
焼き終わったら水洗いして版が完成します。
赤色部分で光を通さなかったところは水で流れて落ちます。
これで版が完成します。

シルクスクリーン印刷

スキージとインクを使って1枚ずつ印刷してしていきます。
基本は薄い色から印刷です。
この黄色の後に紺色を印刷しました。

今回は福岡市内の住宅メーカー様からフェンスにつける売地看板を2色で20枚ご依頼がありました。

最近は同じ内容のものを何枚も印刷することがほとんどないので、インクジェットで印刷することが多いです。
シルクスクリーン印刷は行っておりますが、小さいサイズで内容が簡単なものだけしか受けてはおりません。色数としては2色までです。

週に1回くらいはシルクスクリーン印刷の仕事をしている感じです。
今はインクも1種類しか使っておりません。(ポリセーム、ダンプラ用のインク)
アルミ複合板にも印刷は可能ですが、ラミネート加工をする必要があります。

シルクスクリーン印刷についてはホームページに掲載しております。
https://seri-graphie.com/silk/index.html